2017年10月30日

『Yahoo!基金 東日本大震災復興支援』

【助成金内容】
2017年度東日本大震災復興支援助成プログラムは、
東日本大震災での被害や避難生活の経験をベースとした
防災減災活動、防災減災教育プログラムの普及活動や
新たに防災減災プログラムをつくる活動を応援します。

【締切】
平成29年11月19日(日)

【展開コース】
・対象となる活動
東日本大震災の経験をもとにした防災減災活動

例)
被災地をまわり被害と教訓を伝えるスタディツアー
震災の被害を伝える語り部活動
震災遺構やアーカイブを利用し被害と教訓を伝える活動
避難所生活での問題と解決案を伝える活動   等
※既に実績がある活動が対象となります。
これから、プログラムをつくる場合は企画コースへの応募をご検討ください。

助成上限額 500万円

【企画コース】
・事業趣旨
東日本大震災の経験をもとにした防災減災教育プログラムを新たに企画し、つくる活動

プログラム例)
被災地をまわり被害と教訓を伝えるスタディツアー
震災の被害を伝える語り部活動
震災遺構やアーカイブを利用し被害と教訓を伝える活動
避難所生活を体験するプログラム・地域コミュニティの再生ノウハウを伝えるプログラム   等
※既にある取り組みを改良したり、新たな連携によって規模や範囲を広げることを試みる活動も対象にします

助成上限額 1年目200万円(2年目、3年目各500万円)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://kikin.yahoo.co.jp/support/fukko.html

posted by NPO活動交流センター at 17:27| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

『ヤマト福祉財団』

【助成金内容】
ヤマト福祉財団は、福祉施設の方々へのお手伝いとして、
「経済的自立力」向上のため新規事業の立上げや生産性向上に
必要な設備や機器の購入を支援する助成金事業と、障がいのある
方々の福祉増進を目的とした事業活動を支援する助成金事業を行っています。

【締切】
平成29年11月30日(木)(当日消印有効)

T.障がい者給料増額支援助成金
1.ジャンプアップ助成金
助成金額 定額500万円 
助成件数 10件程度

2.ステップアップ助成金
助成金額 上限200万円
助成件数 20件程度

U.障がい者福祉助成金
助成総額 1,000万円 1件あたり 最大100万円 

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy/

【提出・お問い合わせ先】
提出先
 〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル7階
 公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局あて

問合せ先
 電話 03-3248-0691
 FAX  03-3542-5165
 公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
posted by NPO活動交流センター at 16:31| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『2018年度 防災教育チャレンジプラン』

【助成金内容】
防災教育チャレンジプランでは、全国で取り組まれつつある
防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを
目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。

【締切】
平成29年11月24日(金)
15:00までに応募企画書をホームページにアップロード

【サポート内容】
■プランの実践にかかる経費の提供/ 上限 30 万円(査定による)
※活動・予算計画書の提出及び団体名義の口座が必要となります。
■交流フォーラム(中間報告会)・活動報告会(最終報告会)発表者への交通・宿泊費の支給。(1名分×3回分)
■プランの実現に向けて、実行委員会が認定する防災教育チャレンジプランアドバイザーが助言や現地指導等の支援を行います。
■防災活動の手法・事例の収集と活動情報の発信ができる各種webツールを提供します。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.bosai-study.net/boshu/index.html

【お申込み・お問い合わせ先】
防災教育チャレンジプラン実行委員会事務局
E-mail: / FAX:03-3556-8217
posted by NPO活動交流センター at 16:02| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『平成30年度 河川基金助成』

【助成金内容】
今年度より、学校部門には「河川教育とりくみ支援」助成が新設されました。
また、学校部門の助成金増額や連続助成期間の延長など支援の拡充を図りました。
皆様からの積極的なご応募をお待ちしております。

【締切】
平成29年11月30日(木)

【対象事業】
・研究者・研究機関部門
河川や流域に関係する調査・研究を行う、研究者や研究機関への助成

・川づくり団体部門
河川や流域への理解を深めたり、健全な姿に変えるための活動などを行う市民団体等
(川づくり団体)への助成

・学校部門
学校教育現場で、河川・流域を通じて防災や環境等を学習する
河川教育に取組む、小・中・高校等への助成

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.kasen.or.jp/kikin/tabid290.html

【お問い合わせ先】
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 11-9 住友生命日本橋小伝馬町ビル2階 
公益財団法人 河川財団 基金事業部 
tel.03-5847-8303 e-mail. kikin-toi@kasen.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 15:53| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

みやぎNPOプラザより「みやぎNPOフォーラム2017 NPOで働く人たちのための大交流会」のお知らせ


「みやぎNPOフォーラム2017 NPOで働く人たちのための大交流会〜未来に向かって語り合おう!〜」

【概要】
社会が抱える問題や課題の解決のために活動するNPO。
NPOで働くことは、活動を通して社会のために自分の力を役立てられるという大きな魅力があります。
しかし、NPOではスタッフ数が少ないために、過度な負担がかかってしまったり、相談したり悩みを共有できる同僚がいない… といったことも起こりがちです。

そこで、ミッションや活動分野は違えども、同じNPOセクターで働くスタッフが集い語らう「大交流会」を初開催!

“NPOで働くこと” の不安や悩みをざっくばらんに語り合い、これからの働き方を一緒に考えましょう!

【プログラム】
◇問題提起(13:40〜14:10)
「NPOで働くことの魅力と課題」
 講師:上田英司さん(認定NPO法人日本NPOセンター事務局次長)

◇ワールドカフェ(14:15〜16:30)
 「力が発揮できる働き方を考えよう!」

◇交流会(16:40〜17:30)

【日時】
11月25日(土)13:30〜17:30

【会場】
みやぎNPOプラザ交流サロン

【参加費】
無料(交流会500円)

【定員】
30名

【対象】
NPO法人や市民活動団体で働くスタッフ

主催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
企画・実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

※詳細、申し込みは下記URLからご確認ください。
http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/2017_npofolum.html
posted by NPO活動交流センター at 15:13| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

「平成29年度 田園自然再生活動の集い」開催

農業生産と多様な生き物や生育・生息環境を守り、その恵みを将来に
わたって利用できるよう、今年度は、将来を担う次世代の若者たちの
取組や想いに注目し、農村における持続的な自然再生のあり方や今後の展開について考えます。

【日 程】
 平成29年12月8日(金)13:00〜17:00(受付:12:00〜)

【テーマ】
 田園自然再生活動 〜未来の活動を担う「次世代」への期待〜

【会 場】
 日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
 (東京都千代田区日比谷公園内)

【プログラム】
 ・開会 中村 桂子 (田園自然再生活動協議会会長)
 ・来賓挨拶(農林水産省・環境省)
 ・講演 小谷 あゆみ(農村ジャーナリスト、フリーアナウンサー)
 ・講演 水尾 衣里 (名城大学人間学部人間学科教授)
 ・事例発表
   ○小山市立寒川小学校 (栃木県)
   ○山形県立置賜農業高等学校 (山形県)
   ○静岡大学 棚田研究会 (静岡県)
 ・つなぐ 〜「次世代」への期待〜
   進行 進士 五十八(福井県立大学 学長)
   出演:中村 桂子、水尾 衣里
 ・田んぼクイズ大会
 ・閉会

【参加費】
 無 料 (交流会は別途)

【対 象】
 田園自然再生活動に関心のある方、実践されている方、
 多面的機能支払交付金活動組織の役員・構成員、行政職員、
 土連職員、NPO職員、その他広く一般

【申込み】
 参加申込書に必要事項を記入して、FAX・E-mail・郵便のいずれかの方法で事務局にお送りください。

 ○イベント詳細(参加申込書)
  http://www.acres.or.jp/Acres/denen/H29/tsudoi.htm

 ※申込み締切り:12月1日(金)
 ※本イベントは農業土木技術者継続教育プログラムのCPD認定申請中です。

【参加申込み・問合せ窓口】
 〒105-0004 東京都港区新橋5-34-4農業土木会館6階
(一社)地域環境資源センター 農村環境部内
  田園自然再生活動事務局(担当:藤田)
  TEL:03-5425-2461  FAX:03-3432-0743
  E-mail:denen-saisei@jarus.or.jp
  URL:http://www.jarus.or.jp/
posted by NPO活動交流センター at 20:58| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外の各種団体」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「いわて復興パワー」による電気料金割引』

【助成金内容】
 岩手県企業局と東北電力株式会社は、「いわて復興パワー」による電気料金割引について、「いわて復興パワー募集要項」を策定し、平成29年12月1日より、両者が設置する「いわて復興パワー事務局」を通じて募集・受付を開始します。

【対象企業等】
 震災復興・ふるさと振興(平成28年台風第10号災害復旧復興を含む)に関係する補助金の交付を受けた企業等であって、東北電力から高圧(6,000ボルト)で受電する企業等

【供給先の決定】
 企業局の東北電力への売電電力量相当(約5億5,400万キロワットアワー(県内の約6%の消費電力量に相当))の範囲内で申し込みの受付順に審査を行い、供給先を決定

【割引の内容】
 電力量料金の5%を割引(最大で2年間(平成32年3月までの料金))

【申請の募集・受付】
 平成29年12月1日より募集・受付開始(平成31年1月末日まで受付)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.pref.iwate.jp/kigyoukyoku/kouken/59525/059535.html

【お問い合わせ先】
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11番1号
岩手県企業局経営総務室内
いわて復興パワー事務局
電 話:019-629-6389
FAX:019-629-6384
posted by NPO活動交流センター at 20:16| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPO法人岩手未来機構より 『第7回いわてマンガ大賞コンテスト 第2回マンガ郷いわて特別賞 表彰式 』開催!!

日時:2017年11月25日(土)14:00(予定)
場所:盛岡駅ビル フェザン1F パティオ(旧 出逢いの広場)

詳細は以下のURLよりご確認ください。
http://iwatemangagp.com/event/event.html

【お申込み先】
第7回いわてマンガ大賞コンテスト事務局(NPO法人岩手未来機構)
TEL 019-613-7781
Mail  iwatemangagp@gmail.com
Twitter @iwatemangagp
posted by NPO活動交流センター at 17:48| 岩手 ☀| Comment(0) | 【岩手のNPO法人】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

『SOCIALSHIP2017』

【助成金内容】
SOCIALSHIPとは、社会性の高い活動に取り組む非営利組織に
広報ツールを無償制作するプログラムです。

今年のSOCIALSHIPは助成企業として新たに2社が参画し、
ホームページ・動画・リーフレットを計5団体に助成致します。

【締切】
平成29年11月7日(火)18:00

【対象者】
1.全国の非営利団体様(NPO/NGO/各種公益団体)
2.活動開始から3年以上であり、有給スタッフが1名以上であること。
3.広報に課題を抱えている、力をいれたい団体様
4.助成企業が提示する条件を了承頂ける団体様

【助成内容 】
1.ホームページ制作助成  :2団体
2.動画制作助成(3分物語):2団体
3.リーフレット制作助成  :1団体

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://social-ship.org/

【お問い合わせ先】
下記リンク先のお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。
http://social-ship.org/contact.html
posted by NPO活動交流センター at 20:52| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手のNPO法人】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

NPO法人岩手自殺防止センターより 『 傾聴ワークショップ』開催!!

【概要】
身近な人を支えるために、聴くことの大切さを学んでみませんか・・・(心に寄り添って聴くためには)
「模擬のロールプレイングを通し学んで頂きます」

日時   2017年11月26日(日曜日) 午前 9時10分  開場
開始時間 午前 9時30分〜午前12時まで
場所   盛岡駅西口 アイーナ6階  団体活動室2
定員   15名 定員になり次第締切
参加費  無料
締切日  11月23日(木曜日)

申込方法 メール又はFAX
・お申込の際はお名前、連絡先を明記して下さい。
NPO法人岩手自殺防止センター
(メール) bw_iwate@yahoo.co.jp
(FAX) 019-621-9091
posted by NPO活動交流センター at 20:38| 岩手 | Comment(0) | 【岩手のNPO法人】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする