2017年07月28日

Cafe Katsu Iwateより 『8月ママカフェのご案内』

SKMBT_C45417072821200_0001.jpg
SKMBT_C45417072821200_0002.jpg

【内容】
 (セミナーパート)
  いざ必要な時に知っても手遅な内容です。
   1、教育資金、本当に守れていますか?パート
   2、知らずにハマる!老後破産の落とし穴パート
   3、知らないではすなまい保険の仕組みパート
  ※セミナーは、外資系保険会社勤務で
   生命保険協会認定FPがわかりやすくお話しします。

 (カフェパート)
   マネーの悩みはこの場で解決!
    (セミナー後の無料相談サービスあり)

【日時】平成29年8月4日(金)10:30〜11:30(15分前開場)
【場所】ビッグルーフ滝沢 大会議室1
    (滝沢市下鵜飼1−15)
【参加費】無料
【対象】女性(お子様&パパとの参加も大歓迎!)
    ※複数でご参加の場合は、必ず事前にお伝えください。
【定員】各回先着10名(事前予約のみ)

【お問い合わせ先・お申込先】
 Cafe Katsu Iwate 事務局
 TEL:090-9636-8317
 Facebook:https://www.facebook.com/Cafe-katsu-Iwate-690101511165619/

【次回開催日(ママカフェ)】(15分前開場)
  平成29年8月21日(月)13:00〜14:30
   場所:盛岡みたけことのは医療研究所 1階

  平成29年8月25日(金)10:00〜11:30
   場所:アイーナ 6階 団体活動室2

【次回開催日(暮らしとお金のカフェセミナー:一般向け)】(15分前開場)
  平成29年8月8日(火)10:30〜12:00
   場所:盛岡みたけ青少年会館内カフェ ガーデン
posted by NPO活動交流センター at 21:25| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

『公益財団法人イオン環境財団 2017年度 第27回環境活動助成』

【基本テーマ】
「生物多様性の保全と持続可能な利用のために」

【締切日】
平成29年8月20日(日)消印有効

【助成対象】
2018年4月1日(日)〜2019年3月31日(日)の期間に国内外で
フィールドワークを伴う環境活動に取り組んでいる団体

【助成金額】
総額1億円

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://www.aeon.info/ef/environmental_activities_grant/public_offering/

【お問い合わせ先】
〒261-8515 千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 043-212-6022 FAX 043-212-6815
E-mail:ef@aeon.info
posted by NPO活動交流センター at 17:02| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パタゴニア環境助成』

【助成金内容】
私たちは、直接行動する課題を持った、
草の根で活動する小規模なグループや、
自然環境を保護/回復させようとする
複数のキャンペーンに取り組んでいる
ようなグループを支援しています。

【締切日】
年2回申請の締め切りを設けています。
4月30日
(毎年7月以降に実施されるプロジェクト。4月に受け取ったすべての申請については7月までに結果を通知します。)
8月31日
(毎年10月以降に実施されるプロジェクト。8月に受け取ったすべての申請については11月までに結果を通知します。)

【対象者】
・非営利活動を行っているグループ
・常に行動を起こしているグループ
・広く一般の人々を巻き込み、支持を得ているグループ
・目的を達成するために戦略的に活動しているグループ
・問題の根本の原因を見極め、その原因に働きかけているグループ
・明確な目標と活動対象を持っているグループ

【助成金額】
多くの場合は50万円から200万円までの範囲となりますが、
申請内容によってはこの範囲を超えて助成する場合があります。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.patagonia.jp/grant-guidelines.html
posted by NPO活動交流センター at 16:32| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『公益財団法人 前川報恩会 平成29年度福祉助成』

【締切日】
平成29年7月31日

【助成対象】
(1)非営利法人(営利企業、任意団体は含まない)における、障がい者の生活や就労支援の環境改善に資する物品
(2)非営利法人(営利企業は含まない)における、障がい者の生活や就労支援の環境改善に資する取り組み

【申請資格】
NPO法人、社会福祉法人等の法人格を有する非営利法人であること。
ただし、助成対象(2)においては活動実績のある任意団体の申請も受け付ける。

【助成金額】
(1)及び(2):700万円(1件あたりの助成金額の上限は50万円)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.mayekawa.org/grant/welfare_grant/welfare_youkou_h29.html
posted by NPO活動交流センター at 15:51| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だれも知らないまちの魅力

だれも知らないまちの魅力
盛岡の隠れたブランド(魅力)を親子で学ぼう!
*題目*
1.南部藩(なんぶはん)の伝説を学ぼう
2.「岩手山」をうたって、岩手山に響かせよう
3.道具から感じとる神秘的な力を体験しよう
4.「南昌荘(なんしょうそう)」を探検しよう
5.発見した盛岡の魅力を発表しよう

日時:8月5日(土)/6日(日) 14:00〜15:30
場所:南昌荘
TEL:019-604-6633
対象年齢:小学生以上 定員30名(当日先着順)
参加費:大人200円 子ども100円(入園料)
【主催】
特定非営利活動法人 能楽を広めようの会
【お問合せ先】
能楽を広めようの会 代表:金野 敏子
TEL(FAX兼)019-667-1711
E-Mail:noh.hiromeyou@gmail.com
SKMBT_C45417072610200_0001.jpg
posted by NPO活動交流センター at 10:36| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手のNPO法人】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

盛岡市シルバー人材センターより 『入会説明会』開催!!

【概要】
生きがいを見つけたい!
自分のできることで何か働きたい!
社会参加で充実した人生を送りたい!

【日時】
平成29年8月22日(火)10:00〜12:00
     9月14日(火)10:00〜12:00

【場所】盛岡市勤労福祉会館 2階202会議室 
    (東北電力斜め向かい)  

【対象】
定年退職などで職業生活から引退した方で
@ 盛岡市内在住の60歳以上の方
A 健康で働く意欲のある方
B 働くことを通じて生きがいの充実や社会参加を目指している方

※入会を希望する人にはまず、説明会に参加していただきます。
説明会(必須)の日程は、電話にてお問い合わせ願います。
また、資料や会場の準備のため、前日までに説明会参加の申し込みをお願いいたします。
説明会後、説明会で配る入会申込書に必要事項を記載の上、事務所までお持ちください。

【お申込み・お問い合わせ先】
(公社)盛岡市シルバー人材センター
盛岡市紺屋町2-9 盛岡市勤労福祉会館1階
TEL:622-3363 
URL:http://www.sjc.ne.jp/mori-sil/
posted by NPO活動交流センター at 13:59| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

『大成建設自然・歴史環境基金』

【助成金内容】
これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、
歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。
本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの
理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

【締切日】
平成29年7月31日(月)事務局必着

【助成要件】
国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う
非営利団体で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていることが要件です。
また、助成を受けた場合、「助成活動・研究報告書」および「助成金収支報告書」を
助成金が振込まれた年の翌々年の1月末までに提出すること。
なお、団体の機関誌・報告書・ホームページに「公益信託大成建設自然・
歴史環境基金2017年度助成金による」と明記するとともに、
当該活動の成果をホームページ等に可能な限り掲載すること。

【対象事業】
国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。
助成対象事業となる「機材費」「消耗品費」「旅費」「謝金」等とします。

【助成金額】
(1)助成金総額:1,500万円程度、助成件数:30件程度。
(2)助成対象事業の期間:原則として助成金振込日より1年間。
なお、原則として2年連続の助成はいたしません。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html

【お申込み・お問い合わせ先】
〒103−8670 東京都中央区八重洲1−2−1
みずほ信託銀行株式会社 リテール・事業法人業務部 福祉信託係
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
電話 03−3274−9210・FAX 03−3274−9504
E-mail:koueki_t@mizuho-tb.co.jp
posted by NPO活動交流センター at 17:39| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『第5回「エクセレントNPO」大賞』

【内容】
「エクセレントNPO」大賞は、質の向上をめざし、自己評価を行いながら改善につとめる非営利組織を応援し、新聞社の協力を得て、社会に「見える化」をすることを目的としています。

『エクセレントNPO』をめざそう市民会議」(以下、「市民会議」)では、非営利組織が、組織運営の脆弱性を克服し、市民とのつながりをより豊かにすることが不可欠であると考えてきました。そのためには質の向上をめぐる競争、すなわち質の向上をめざして努力する非営利組織に、より良質な支援が集まるような好循環が大事だと考えてきました。その積み重ねが、より豊かでしなやかな市民社会の構築に寄与すると考えるからです。そして、市民会議は、非営利の世界で、市民とのつながりを大事にしながら、社会課題、解決のモデルとなる非営利組織の要因分析を続けてきました。そして、3年間にわたる作業の末、2010年には望ましい非営利組織像としての「エクセレントNPO」のコンセプトを打ち出し、「市民性」「課題解決力」「組織力」の3つを基本条件とする、「エクセレントNPO」評価基準を公開し、その普及活動に取り組んできました。

【受付期間】
平成29年7月31日(月)〜9月30日(土)

【対象者】
国内外における社会貢献を目的とした市民による
日本国内のNPOなど種々の民間非営利組織
(法人格の有無不問)※自薦・他薦可

【賞金】
市民賞、課題解決力賞、組織力賞(各50万円)
上記から、エクセレントNPO大賞が選ばれます(プラス50万円)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.excellent-npo.net/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88npo%E5%A4%A7%E8%B3%9E/

【お申込み・お問い合わせ先】
「エクセレントNPO」をめざそう市民会議事務局
〒104−0043 東京都中央区湊1-1-12 HSB鐵砲洲4階 言論NPO内
Tel.03−6262−8772(平日9時30分〜17時30分受付)
Fax.03−6262−8773(24時間受付)
E-mail=enpo@genron-npo.net
*ダウンロードや記述方法に迷われた時は、メールアドレス(enpo@genron-npo.net)までご連絡ください。
posted by NPO活動交流センター at 16:42| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Panasonic NPO サポート ファンド アフリカ分野』

【締切日】
平成29年7月31日(月)(必着)

【対象者】
◆アフリカ諸国の課題に取り組む民間非営利組織であること
◆日本国内に主たる事務所をもっていること
◆法人格をもっていること
◆政治、宗教活動を目的とする団体ではないこと
◆設立から 3 年以上の活動年数を有すること
◆日本国内に常勤スタッフが在籍していること
◆日本国内、あるいはアフリカの事務所に有給常勤スタッフが在籍していること(インターンは含まない)
※Panasonic NPO サポート ファンド「環境・子ども」両分野と、重複しての応募は出来ません
※財政規模1千万円以上の団体を想定しています

【対象事業】
アフリカ諸国の課題解決に取り組むNPO/NGOにおける広報・発信・啓発事業
◆各団体の認知を高め、理解を深め、共感をえるための広報活動
◆広報体制の強化、広報活動に携わる人材の育成
※助成事業期間内に、市民への理解促進を目的とした対面による団体活動の報告の場を
日本国内で一回以上設けていただきます

【助成金額】
1団体への助成額は、上限100万円
助成総額は、今回の「2017年新規募集」と「継続助成」をあわせて400万円です
※助成金の使途は、すべて広報・発信・啓発活動にかかわるものと限定します

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/africa.html

【事務局】
パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化部
住所:〒105−8301 東京都港区東新橋 1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
電話:03−3574−5665
※連絡は、平日(月曜日から金曜日の 10:00〜17:00)にお電話でお願いします

posted by NPO活動交流センター at 15:49| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Panasonic NPO サポート ファンド 子ども分野』

【締切日】
平成29年7月31日(月)(必着)

【対象者】
子どもたちの健やかな育ちを応援する新しい社会の実現を目指し、先駆的な活動と組織の
自己変革に挑戦するNPO/NGOで、以下の要件を満たすものとします。

@ 民間の非営利組織であること(法人格の有無や種類を問わない)
A 団体の設立から 3 年以上を経過していること
B 有給常勤スタッフが 1 名以上であること
C 日本国内に主たる事務所があること(活動地域は国内・国外を問わない)
D 政治、宗教活動を目的とせず、また、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
※ 財政規模 1,000 万円以上の団体を想定していますが、必ずしも要件ではありません。


【対象事業】
第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織診断や組織基盤強化を応援します。
助成の対象となる事業は、以下の【1】組織診断のみの取り組み、【1】組織診断と
【2】組織基盤強化の連続した取り組み、【2】組織基盤強化のみの取り組み、の何れかとします。

※「第三者」とは、応募団体が選定するNPO支援機関やNPO経営支援の専門家等のことを指します。

【1】組織診断フェーズ
@ 第三者による組織診断を行い、組織全体を分析し、組織の優先課題と
その背景や原因を明らかにする。
A 組織診断の結果を踏まえ、第三者の助言または指導を受けて、組織課題の
解決の方向性を検討し、解決策を立案する。



【2】組織基盤強化フェーズ
B 第三者の助言または指導を受けて、組織基盤強化計画(目標・手法・実施
内容)を具体化する。

C 第三者の助言または指導を受けて、適切な進捗管理のもと、組織基盤強化
計画を実行し、終了後は評価を実施する。


【助成金額】
1団体への助成額は上限 200 万円とします。
ただし、【1】組織診断フェーズのみの取り組みの場合には上限100 万円とします。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_mina.html

【お申込み・お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
Panasonic NPOサポート ファンド 子ども分野協働事務局 (担当:坂本・武藤)
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町 1-4-3 日本橋 MI ビル 1 階
TEL: 03-5623-5055(月曜日〜金曜日 10:00〜17:00) / FAX: 03-5623-5057
E-mail: kodomo@civilfund.org / URL: http://www.civilfund.org
posted by NPO活動交流センター at 15:39| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする