2017年10月02日

『花王・みんなの森づくり活動助成』(締切10/14)

【応募資格】
  国内で身近な緑を守り、育てる活動(以下、「森づくり活動」)に
 取り組んでいる団体と身近な緑を活用し、子どもたちに
 緑との触れ合いの機会を創出する活動(以下、「環境教育活動」)に
 取り組んでいる団体が対象となります。

【対象団体】
 ・国内で身近な緑を守り、育てる活動(森づくり活動)に取り組んでいる団体
 ・国内で緑地をフィールドに緑とふれあい、環境保全の心を
  育む活動(環境教育活動)に取り組んでいる団体

【助成額】
 森づくり活動と環境教育活動に要する費用を対象として
 1・2年目各50万円、3年目25万円を上限に助成(15〜20団体を予定)

【お申込期限】平成29年10月14日(土)当日消印有効
【お問い合わせ先・お申込先】
 公益財団法人都市緑化機構 みんなの森づくり事務局
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階
 TEL:03-5216-7191 FAX:03-5216-7195
 E-mail:midori.info●urbangreen.or.jp
 URL:https://urbangreen.or.jp/info-grant/kao/minmori2017_boshu
posted by NPO活動交流センター at 20:58| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

花王・みんなの森づくり活動助成プログラムのご案内

【趣旨】
花王は2000年より、公益財団法人都市緑化機構とのオリジナル緑化プログラム
「花王・みんなの森づくり活動」を行なっています。2011年からはプログラム
をリニューアルし、「森づくり活動」「環境教育活動」の2つの分野で、緑を
守り育てる活動を支援しています。

【対象団体】
 国内で身近な緑を守り、育てる活動に取り組んでいる団体と身近な緑を活用し、
 子どもたちに緑との触れ合いの機会を創出する活動に取り組んでいる団体が
 対象となります。

【対象となる活動】
「森づくり活動分野」
 市民による植樹や樹木の管理、里山や雑木林などでの保全と復元活動など

「環境教育活動分野」
 緑地や里山をフィールドとした活動で、植樹や里山保全活動などを通じて
 環境を大切にする心を育む活動

【助成期間】
 2018年3月〜2021年3月までの3年間

【助成金額】
 1年目50万円(2年目50万円、3年目25万円)を上限に助成

【募集締め切り】
 2017年10月14日(土) ※当日消印有効

【お申込み・お問い合わせ先】
 公益財団法人都市緑化機構 「花王・みんなの森づくり活動助成」事務局
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階
 TEL:03-5216-7191
 FAX:03-5216-7195

 ※詳細は下記URLからご確認ください。
 https://urbangreen.or.jp/info-grant/kao/minmori2017_boshu
posted by NPO活動交流センター at 12:45| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

第13回 TOTO水環境基金の募集【国内】(締切10/15)

【趣旨】
  地域の水とくらしの関係を見直し、再生することを目指した
 創造的な取り組みを支援します。
 これにより、地域で暮らす人たちがともに水とくらしの
 多様な関係を学び、これからの水とくらしの望ましい関係を考え
 それぞれの地域の特徴を活かした
 新しい文化を創り出す契機となることを期待します。

【助成対象】
 ・地域の水環境や生物多様性の保全・再生につながる実践活動
 ・スタートアップ・ステップアップをめざす市民団体の活動
  [活動地域]:日本国内
 ※当社事業所のない地域での活動も応募可能です。

【応募資格】
 ・営利を目的としない市民活動団体(法人格の有無や種類を問わない)
 ・目的や内容が、特定の宗教や政治などに偏っていない団体
 ・暴力団、暴力団員、暴力団関係者他、反社会的勢力等と交際、関係がない団体
 ※過去に本基金より助成を受けた団体も応募可能ですが
  同一プロジェクトに対しては最大3年間までとさせていただきます。
  但し、助成期間終了後もボランティア参加等で活動の支援を継続します。

【助成金額】
 1件につき、上限80万円/年×3年(最大240万円)を上限として助成します。
 申請された活動内容・予算内容を精査の上、助成金額を決定します。
 [助成総額] 約1,720万円(複数年にわたる助成金を含みます)

【お申込み期限】平成29年10月15日(日)当日消印有効
【お問い合わせ先・お申込先】
 TOTO株式会社 総務部 総務第二グループ 担当:津田、原
 〒802-8601 福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
 TEL:093-951-2224 FAX:093-951-2718
 URL:http://www.toto.co.jp/company/environment/mizukikin/group/index.htm
posted by NPO活動交流センター at 21:04| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第13回 TOTO水環境基金の募集【海外】(締切10/15)

【助成の趣旨】
  地域および地球規模での社会的課題の解決を目指した
 創造的な取り組みを支援します。
 各国・各エリアにおける社会的課題を明確に捉え
 課題を解決するための新しい仕組みや事業を
 実現する契機となることを期待します。

【助成対象】
 [活動内容]
   各国・各エリアの水資源保全または衛生的かつ
   快適な生活環境づくりに向けた実践活動
 [活動地域]
   海外
 ※基本的に日本国内に本部もしくは支部を有する団体。
  日本国内に本部・支部がない場合でも、TOTO水環境基金事務局(日本)と
  随時コンタクトがとれる団体であれば応募可能です。

【応募資格】
 ・営利を目的としない市民活動団体(法人格の有無や種類を問わない)
 ・目的や内容が、特定の宗教や政治などに偏っていない団体
 ・暴力団、暴力団員、暴力団関係者他、反社会的勢力等と交際、関係がない団体
 ※過去に本基金より助成を受けた団体も応募可能ですが
  同一プロジェクトに対しては最大3年間までとさせていただきます。
  但し、助成期間終了後もボランティア参加等で活動の支援を継続します。

【助成金額】
 1件あたりの上限はなし ※3〜4件採択予定
 申請された活動内容・予算内容を精査の上、助成金額を決定します。
 [助成総額] 約710万円

【お申込み期限】平成29年10月15日(日)当日消印有効
【お問い合わせ先・お申込先】
 TOTO株式会社 総務部 総務第二グループ 担当:津田、原
 〒802-8601 福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
 TEL:093-951-2224 FAX:093-951-2718
 URL:http://www.toto.co.jp/company/environment/mizukikin/group/index.htm
posted by NPO活動交流センター at 21:03| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

公益財団法人日本フラワーデザイナー協会より『平成30年度NFD one leaf fund』応募(締切8/31)

近年の地球環境保全に関する世界的な動向を踏まえ、里山をはじめとする日本の自然環境及び景観の保全につながる公益的な活動や福祉活動に対する援助に主眼をおき、名称も「NFD oneleaf fund」としてフラワーデザインや花文化に関連の深い事業に助成を行なっています。会員ひとりひとりの会費を原資として、「一枚の葉」でも大切にしていくような地道な活動への援助を目的としています。

【助成対象事業】
@植物保護活動
日本古来の植物種、地域固有種、絶滅危惧種等の保護・増殖等に関する公益的な活動

A自然保護・環境保全の調査・研究
日本の希少植物種の保護や自然景観・環境保全への貢献が期待できる調査・研究活動

B花や植物を通じた環境福祉活動
日本の自然環境や社会環境の改善を目的とし、花や植物を通じて福祉への貢献が期待できる活動

【応募資格】
 対象事業を行う団体・個人で、日本フラワーデザイナー協会の会員・非会員を問いません。一般の方から多くの応募をお待ちしております。
 以前に助成を受けたことがある方についても申請が可能です。継続して応募される方も、申請書を提出いただき審査させていただきます。

【助成金額】
 総額300万円
 1件あたり80万円限度

【締切】
 平成29年8月31日(木)※消印有効

【お申込・お問い合わせ先】
 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会
 〒108-8585 東京都港区高輪4-5-6
 電話:03-5420-8741(担当:相川・大戸)
 URL:http://www.nfd.or.jp/

※詳細は、ウェブサイトに記載されている要項をご確認ください。
posted by NPO活動交流センター at 11:35| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

平成29年度 なぎさの環境基金プロジェクト事業(締切4/28)

【応募団体の要件】
  なぎさの環境基金から助成を受けようとするプロジェクト事業
  (以下「助成対象事業」という。)に応募できる団体は
   民間団体(NPO,NGO,一般財団法人、一般社団法人
   公益財団法人、公益社団法人、学校
   法人格を持たない任意団体やグループを含む。)とし
  次の全ての要件を満たすものとします。
  (1)助成対象事業を行う意思及び具体的計画を有し
     かつ、事業を的確に実施できる能力を有する団体である事。
  (2)助成対象事業に係る経理及びその他の事務について
     適切な管理体制及び処理能力を有する団体である事。
  (3)日本国内に所在し、助成された助成金の適正な執行に関し
     責任を持つ事が出来る団体である事。
 ※但し国、地方自治体及び国際機関(政府間協定で成立した機関)等は対象外です。

【助成対象事業の範囲】
 (1)藻場・干潟等沿岸域の環境保全の推進に関するプロジェクト事業
 (2)藻場・干潟等沿岸域の環境保全を担う人材の育成に関するプロジェクト事業
 (3)海と渚の環境美化、水産資源の保護海洋・海岸環境の
    保全整備に関する調査研究のプロジェクト事業
 (4)海と渚の環境美化、水産資源の保護海洋・海岸環境の
    保全整備に関する活動を行うプロジェクト事業

【助成経費の限度額】
 1事業当たり 1年度 25万円以内とし、3年度限りとします。

【事業実施期間】
 平成29年6月1日〜平成30年3月末
  (実績報告書は3月中に提出して下さい。)

【お申込み期限】平成29年4月28日(金)
【お問い合わせ先・お申込先】
  公益財団法人 海と渚環境美化・油濁対策機構
  〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-24 湯島ベアービル7階
  TEL:03-5800-0130 FAX:03-5800-0131
  E-mail:info●umitonagisa.or.jp
     ●を@に変えて送ってください。
  URL:http://www.umitonagisa.or.jp/html/n-kikin.html
  ※E-mailを送る際は事前に電話をご一報ください。
posted by NPO活動交流センター at 21:04| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

公益財団法人都市緑化機構より『緑の都市賞』募集(締切6/30)

SKMBT_C45417040310430_0001.jpg
【趣旨】
緑の都市賞は、明日の緑豊かな都市づくり・まちづくりを目指し、緑の保全・創出活動に卓越した成果を上げている市民活動団体及び企業等、並びに公共団体を顕彰し、これにより広く都市の緑化推進、緑の保全による快適で地球にやさしい生活環境を創出することを目的としています。

【募集内容】
●緑の市民協働部門
ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会か環境へ貢献するもの
・対象:主に市民団体
・活動助成金額:5〜20万円贈呈

●緑の事業活動部門
民間、公共の空間を問わず都市の緑の保全や創出を事業活動またはその一環として取組んでいるもの
・対象:主に民間事業者

●緑のまちづくり部門
都市全般や地域の総合的な緑化に取組み、その成果をあげているもので、地域の個性を活かした緑化を展開しているもの
・対象:主に市区町村

【締切】
2017年6月30日(金)消印有効

【お申込先・お問い合わせ先】
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2階
公益財団法人 都市緑化機構内「緑の都市賞」係
TEL 03-5216-7191 FAX 03-5216-7195
URL:https://urbangreen.or.jp
※詳細は、ウェブサイトに記載されている要項をご確認ください。
posted by NPO活動交流センター at 11:43| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公益財団法人都市緑化機構より『緑の環境プラン大賞』募集(締切6/30)

SKMBT_C45417040310420_0001.jpg

【趣旨】
公益財団法人都市緑化機構では、緑豊かな都市環境の形成を図るとともに、生活の質の向上やコミュニティの醸成等に役立つことを願い、1990年に「緑のデザイン賞」を創設し、緑化のプランの実現のための助成を開始しました。
「緑の環境プラン大賞」では、生活の質の向上やコミュニティの醸成の実現への取り組みを一層強化し、豊かな次世代社会の創造に寄与することを目指してまいります。

【部門】
●シンボル・ガーデン部門
地域のシンボル的な緑地として、人と自然が共生する都市環境の形成、地域の活性化に寄与するプランを募集します。
・助成金額上限:800万円
・対象:全国の民間・公共の各種団体


●ポケット・ガーデン部門
日常的な花や緑の活動を通して、地域の活性化や子供たちへの情操教育、身近な環境の改善に寄与するプランを募集します。
・助成金額上限:100万円
・対象:全国の民間・公共の各種団体

【申込締切】
4月1日(土)〜6月30日(金)

【申込先・お問い合わせ先】
公益財団法人 都市緑化機構内「緑の環境プラン大賞」事務局
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2階
TEL:03−5216−7191
URL:https://urbangreen.or.jp
※詳細は、ウェブサイトに記載されている要項をご確認ください。
posted by NPO活動交流センター at 11:24| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

公益信託富士フイルム・グリーンファンド(締切5/8)

【応募資格】
 1、活動助成を申請するものは、身近な自然の保全や
   自然とのふれあいを積極的に行っていること
 2、研究助成を申請するものは、身近な自然環境の保全・活用の促進に関する
   具体的な研究や、ふれあいの場としての緑地の質的向上を
   目指した実証研究等を行っていること

【対象となる活動・研究】
 1、営利を目的としない活動及び研究
 2、活動及び研究が行われるフィールドは、日本国内である
 3、活動助成の場合には、活動フィールドができる限り申請者(申請団体)
   によって既に確保されている等、活動フィールドの基盤がしっかりしているもの
 4、研究助成の場合には、フィールドでの研究に対し地権者の
   許可もしくは協力関係が保たれているもの
 5、個人もしくは団体申請において、活動及び研究の実績があるもの
   (ある程度実績があり、発展的な活動や研究を行う為の申請であれば対象となる)
 6、個人による申請の場合、助成金の使途が助成の趣旨に沿って適格・厳正であり
   助成金の使途において本人あるいは親族等
   特別な関係のある者に利益を与えないもの
 7、団体による申請の場合、代表者または管理者の定めのある団体で
   役員その他の機関の構成、選任方法、その他事業の運営に重要な事項が
   特定の者、あるいは特別の関係者等の意志に従わずに
   決定・運営されている団体。
   また、特定の者等に特別の利益を与えていない団体

【助成金額及び件数】4件程度、総額850万円を予定

【お申込み期限】平成29年5月8日(月)
【お問い合わせ先・お申込先】
 一般財団法人自然環境研究センター 事務局:公益信託基金担当
 〒130-8606 東京都墨田区江東橋3丁目3番7号
 TEL:03-6659-6310(平日10時〜17時)FAX:03-6659-6320
 URL:http://www.jwrc.or.jp/shintaku/1.htm
posted by NPO活動交流センター at 20:49| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

『緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成』(締切5/19)

【助成対象者】日本国内に所在する法人、地域活動団体。
【助成対象事業】
  ・申請者が1、屋上 2、建物の外壁面 3、駐車場
   4、空地 5、プランター等で行う新たな緑化事業で
   樹木、芝、多年草等を植栽するもの。
  ・事業は平成29年7月1日から平成30年3月15日までの間に
   実施・完了するものであること。
   ただし、播種、育苗等の緑化準備については
   平成29年4月1日以降に開始することを妨げない。
  ・事業用地は、申請者が所有または管理する土地
   あるいは所有者との間で使用の合意が得られている土地であること。
  ・事業に対し同様の助成を他から受けていない事、あるいは受ける予定がない事。

【助成対象地・施設】
 ・事業地が、日本国内の都市部またはその周辺地であること。
 ・事業対象地および施設が法令、条例に違反していないこと。
 ・屋上緑化においては、当該建築物の耐久性、安全性が確保できること。

【助成対象規模】
  新たに緑化を行う面積の合計が、原則として30u以上であること。
  ただし、地植えをしないプランター等に係るものについては15u以上であること。

【助成対象費用】
  新たな緑化を行うのに必要な、次の工事費用の合計額とする。
  植栽の維持管理費や事業実施に伴う運営費等は除く。
  ・本工事費:植栽に必要な費用、植栽基盤に必要な費用、かん水設備の整備費用等
  ・付帯工事費:施設整備に伴い設置する安全施設等、必要最小限度の付帯工事費用

【維持管理】
 助成事業が完了した後も良好な維持管理を行い
 少なくとも3年間は植栽の撤去、移植等を行わないこと。

【表示板の設置】
 助成事業者は、事業地内の見やすい場所に
 「高原環境財団助成事業」により整備された事を示す表示板を設置すること。

【助成額】
  助成対象費用の額、または250万円のいずれか少ない額。(1件当たり)
  総額1,000万円

【お申込み締切】平成29年5月19日(金)必着
【お問い合わせ先・お申込先】
 公益財団法人 高原環境財団
 〒108-0074 東京都港区高輪3-25-27-1301
 TEL:03-3449-8684 FAX:03-3449-2625
 E-mail:mail●takahara-env.or.jp
     ●を@に変えて送ってください。
 URL:http://takahara-env.or.jp/bosyu/01_heat_island.html
posted by NPO活動交流センター at 21:19| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする