2017年11月20日

認知症の人への支援の実際 支援員のメンタルヘルス講座(釜石 締切12/5)

SKMBT_C45417112021131_0001.jpg SKMBT_C45417112021131_0002.jpg

【内容】
  認知症の当人が抱える生きづらさを理解すると共に
 その家族や地域への理解を深める為の方法や
 認知症の人が地域で暮らし続ける為の支援について
 事例を交えた講義と演習を通して学ぶ。
  同時に日頃、被災地の様々な事例に関わる支援員の
 メンタルヘルスについても学ぶ。

【日時】平成29年12月12日(火)9:30〜16:30
【釜石会場】釜石・大槌地域産業育成センター
     (釜石市大字平田3-75-1)
【受講料】無料、定員60人(先着)
【プログラム】
 9:30〜9:35 開会
 9:35〜12:30 「パーソンセンタードケア・ワークショップ」
 12:30〜13:30 昼食休憩
 13:30〜14:30 「パーソンセンタードケア・ワークショップ」
 14:30〜16:00 「支援員のメンタルヘルス」
 16:00〜16:30 ふりかえり

【講師】寺田 真理子氏(日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー)

【お申込み期限】平成29年12月5日(火)
【お問い合わせ先・お申込先】
 特定非営利活動法人 全国コミュニティライフサポートセンター
 〒981-0932 宮城県仙台市青葉区木町16-30 シンエイ木町ビル 1階
 TEL:022-727-8730 FAX:022-727-8737
 E-mail:kenshu●clc-japan.com
    ●を@に変えて送ってください。
 URL:http://www.clc-japan.com/

【次回開催日(盛岡会場)】(締切12/5)
 平成29年12月13日(水)9:30〜16:30
 会場:アイーナ 8階 会議室803
posted by NPO活動交流センター at 21:10| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

NPO法人Compass Tokyo Japan第20回講演会 『忘れかけた心をあなたに』

【概要】
  物の豊かさ、便利さに囲まれ
 私たちはとても暮らしやすくなりました。
 それと引き換えに、本当に大切なものを置き忘れてきました。
 様々な社会・家庭・環境問題が騒がれている昨今
 そんな今だからこそ、伝えたいメッセージがあります!
 幸せな暮らしのヒントが、盛り沢山の講演会です。
 おかげさまで岩手講演は今年で20回目
 「聴いてよかった」
 多くの感動と喜びの声が寄せられています。
 年齢男女問わず、どなたでもご参加できますので
 ぜひお気軽にいらしてください!
 大切なもの思い出しませんか?

【日時】平成29年11月23日(木・祝)13:00〜15:00(開場12:30)
【会場】アイーナ 5階 会議室501
    (盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
【参加費】1,000円(中学生以下無料)
【お問い合わせ先・お申込先】
 NPO法人Compass Tokyo Japan
  TEL:019-672-2582(高橋)
  TEL:019-692-1590(谷地)
  TEL:090-3648-4568(佐伯)
posted by NPO活動交流センター at 21:21| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

みやぎNPOプラザより「みやぎNPOフォーラム2017 NPOで働く人たちのための大交流会」のお知らせ


「みやぎNPOフォーラム2017 NPOで働く人たちのための大交流会〜未来に向かって語り合おう!〜」

【概要】
社会が抱える問題や課題の解決のために活動するNPO。
NPOで働くことは、活動を通して社会のために自分の力を役立てられるという大きな魅力があります。
しかし、NPOではスタッフ数が少ないために、過度な負担がかかってしまったり、相談したり悩みを共有できる同僚がいない… といったことも起こりがちです。

そこで、ミッションや活動分野は違えども、同じNPOセクターで働くスタッフが集い語らう「大交流会」を初開催!

“NPOで働くこと” の不安や悩みをざっくばらんに語り合い、これからの働き方を一緒に考えましょう!

【プログラム】
◇問題提起(13:40〜14:10)
「NPOで働くことの魅力と課題」
 講師:上田英司さん(認定NPO法人日本NPOセンター事務局次長)

◇ワールドカフェ(14:15〜16:30)
 「力が発揮できる働き方を考えよう!」

◇交流会(16:40〜17:30)

【日時】
11月25日(土)13:30〜17:30

【会場】
みやぎNPOプラザ交流サロン

【参加費】
無料(交流会500円)

【定員】
30名

【対象】
NPO法人や市民活動団体で働くスタッフ

主催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
企画・実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

※詳細、申し込みは下記URLからご確認ください。
http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/2017_npofolum.html
posted by NPO活動交流センター at 15:13| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

第15回複合機およびラベルライター寄贈プログラム(締切10/5)

【寄贈対象】
 以下のすべての条件を満たす団体に限らせて頂きます。
  日本国内を拠点に非営利活動を行っている団体
  ※寄贈対象には社会福祉法人・財団法人・任意団体も含みます。

 以下の団体は寄贈対象から除かせていただきます。
  ・営利団体、個人
  ・幼稚園から高校までの学校および大学
  ・日本国外に位置する非営利団体
  ・医院、病院 、医療研究機関
  ・政府・行政機関・自治会
  ・政治・労働・宗教団体

【寄贈条件】
 寄贈の際には、以下にご同意お願い致します。
  寄贈されたインクジェット複合機とラベルプリンタは
  申請された目的以外には使用できません。
  また、寄贈を受けた団体以外への譲渡及び貸与はできません。
  寄贈後半年に、複合機の活用に関するアンケートに回答して頂けること。
  寄贈された複合機が不用となった場合には
  「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等に従い
  適正に廃棄して頂けること。
  複合機寄贈後、一ヶ月以内に、寄贈品の活用
  もしくは活動の様子の写真のご提出して頂けること。
  「ベストスマイル」へ掲載させて頂きます。
   送料手数料として1台あたり1,000円-5,000円の
  寄贈機器に応じた実費ご負担を頂けること。
  寄贈品の発送に際して、個人情報をブラザー販売(株)と
  共有させて頂きます。

【寄贈品】
  ・(a)A4両面カラーレーザープリンター
  ・(b)電話機付インクジェットFAX複合機
  ・(c)A3対応インクジェット複合機
  ・(d)A4両面対応インクジェット複合機
  ・(e)ラベルライター
  ※上記(b)(d)(e)は1団体3台まで、(a)(c)は1団体1台ずつ、複数申請できます。

【お申込み期限】平成29年10月5日(木)消印有効
【お問い合わせ先・お申込先】
 認定NPO法人イーパーツ「ブラザー複合機寄贈プログラム」宛
 〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-55-8-501
 エントリーURL:http://www.eparts-jp.org/program/2017/08/device-brother15.html
posted by NPO活動交流センター at 20:58| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

「日本NPOセンター」より「復興を目指すコミュニティづくりからみえる地域と人の今(JTNPO応援プロジェクト成果報告会) 」

復興を目指すコミュニティづくりからみえる地域と人の今(JTNPO応援プロジェクト成果報告会)

■概要
日 時:2017年2月20日(月)15時30分〜18時30分
会 場:TKP仙台カンファレンスセンター カンファレンスルーム4B(4階)
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-sendai/access/
対 象:復興活動/地域づくりに関わる組織、NPO支援組織、企業関係者、研究
者の方などご関心のある方はどなたでも
参加費:無料
定 員:40名(先着)
主 催:特定非営利活動法人 日本NPOセンター

■登壇団体
<第9回助成>
一般社団法人 プロジェクト結コンソーシアム(宮城県石巻市)
一般社団法人 雄勝花物語(宮城県石巻市)
特定非営利活動法人 夢みの里(宮城県石巻市)
特定非営利活動法人 キッズドア(宮城県仙台市)
特定非営利活動法人 がんばろう福島、農業者等の会(福島県二本松市)

<第10回助成>
特定非営利活動法人 にじいろクレヨン(宮城県石巻市)
すくのびくらぶ(福島県いわき市)
特定非営利活動法人 愛ネット高田(岩手県陸前高田市)
特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK(宮城県気仙沼市)
一般社団法人 Bridge for Fukushima(福島県内)

■プログラム
1.開会(15:30)
2.現地NPO応援基金・JTNPO応援プロジェクトについて(15:35-15:45)
3.事例報告(15:45-17:35)
  登壇:第9回助成先団体 5団体 [詳細]
     第10回助成先団体 5団体 [詳細]
4.パネルディスカッション(17:35-18:20)
5.総括(18:20-18:30)
6.閉会(18:30)

■詳細
http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12618
--

特定非営利活動法人 日本NPOセンター
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
tel: 03-3510-0855 fax: 03-3510-0856
email: knakagawa@jnpoc.ne.jp
url: http://www.jnpoc.ne.jp
posted by NPO活動交流センター at 11:49| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

NPO法人 harappaより『第24回 harappa映画館』開催

SKMBT_C45417020512180_0001.jpg SKMBT_C45417020512190_0001.jpg

NPO法人 harappaより
『第24回 harappa映画館 ドキュメンタリー最前線2017―私たちは、人間と出会う』開催

【日時】平成29年3月4日(土)

【場所】弘前中三8F スペースアストロ

【スケジュール】
 10:30 『ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-』
 13:00 『袴田巖 夢の間の世の中』
      ※上映後、金聖雄(キムソンウン)監督によるシネマトーク
 16:15 『FAKE』

【主催】NPO法人 harappa 

【共催】アムネスティ・インターナショナル 弘前グループ
 
【チケット】※一作品ごとに1回券1枚が必要です
 3回券 2500円(前売りのみ)
 1回券 前売り 1000円(当日1200円)
     学生・harappa会員 500円

【チケット取扱】
 弘前中三 / 紀伊國屋書店 弘前店 / まちなか情報センター
 弘前大学生協 / コトリcafe(百石町展示館内)

【チケット予約】
 お名前、電話番号、メールアドレス、希望券種・枚数を記載の上、
 E-mailまたは電話にてご予約ください。

【お問い合わせ先】
TEL:0172-31-0195
E-mail:post@harappa-h.org
posted by NPO活動交流センター at 12:56| 岩手 ☀| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

みやぎ・せんだい中途失聴難聴者協会より「きこえのセミナー〜最新の難聴・人口内耳医療を知ろう」開催

SKMBT_C45417011610290_0001.jpg

【日時】
 平成29年2月4日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)

【会場】
 イズミティ21展示室
 ※入場無料

【内容】
 @難聴医療最前線
 A失ったきこえを取り戻す
 B人口内耳と共に生きる
 C製品紹介

【主催・問い合わせ先】
 特定非営利活動法人みやぎ・せんだい中途失聴難聴者協会
 事務局(菅井) FAX/022-774-1846 Mail/sugai_miyanankyo@goo.jp
posted by NPO活動交流センター at 11:06| 岩手 ☀| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPOみやぎ・せんだい中途失聴難聴者協会より「青年部勉強会」の開催

SKMBT_C45417011610292_0001.jpg

普段の生活の中で、聞こえにくくて困っていること、悩んでいること、ありませんか?
聴覚障害という障がいを、認めるということ、どういうときに自分はきこえていないのか、コミュニケーションの行き違いが生ずるのか、それを相手にきちんと説明できるということでどう変わるか、をお話していただきます。

【講師】
 菅井裕行教授(宮城教育大学教育学部特別支援教育講座)

【日時】
 平成29年1月28日(土) 14:00〜16:00(受付13:30〜)

【場所】
 仙台市福祉プラザ10階 第二研修室

【定員】
 先着50名 (締切:1月22日)

【問い合わせ・申込先】
 FAX:022-774-1846 MAIL:sugai_miyanankyo@goo.jp
 FAX・MAILに@名前A性別B聴覚障害の有無C聴力(裸耳)Dコミュニケーション方法、これらは参加者の方々のことを踏まえて内容を検討するためでその目的以外に使うことはしませんので、差し支えない範囲内でご記入の上、お申込み下さい。
 NPOみやぎ・せんだい中途失聴難聴者協会 青年部&研修会合同企画
 担当:東條・奥山・江連
posted by NPO活動交流センター at 10:53| 岩手 ☀| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

日本NPOセンターより『市民セクター全国会議2016 問われる民間の力』のご案内

市民セクター全国会議2016 問われる民間の力
―地域と国際の視点から考えるこれからの社会―

【概要】
 これまで市民セクター全国会議は、民間の立場でさまざまな活動に取り組む方々のための議論の場として開催してきました。
 今回は、「地域」と「国際」を切り口に、それぞれのフィールドで活動する方々が、互いの経験と価値観を持ち寄り、共通する課題について議論する場としたいと考えています。今いる場所から一歩踏み出して、互いの知見や経験、悩みを持ち寄り、これからの市民社会を考える1日を多くの方とご一緒出来れば幸いです。

【内容】
オープニング 10:00〜12:00
第1部 2030年の社会像〜The world we want
第2部 国際的な議論から読み解く、日本の地域課題

分科会 13:00〜16:00
分科会1 ファイナンシャル・インクルージョン〜高まる必要性と実践の可能性
分科会2 住民の声を聴き、地域主体のまちの姿を描く
分科会3 多様なくらし、多様な働き方と地域経済のあり方の変化
分科会4 テクノロジーを使った新しい参加/課題解決の可能性
分科会5 市民社会の担い手を広げ、育てる参加のあり方とは

協賛プログラム1〜3(13:00〜16:00)協賛プログラム4(13:30〜14:25)
協賛プログラム5(14:35〜16:00)
プログラム1 2つの非営利法人制度のあり方を考えるフォーラム
プログラム2 NPOと政治―NPOによる社会変革と政治の関係性―
プログラム3 豊かな市民社会づくりに企業のお金を活かすには?
プログラム4 NPOの社会責任(NSR)取り組み推進プロジェクト
プログラム5 休眠預金、ソーシャルインパクトボンドは地域の課題解決に貢献できるか?

【日時】
2016年11月23日(水・祝)

【会場】
聖心女子大学
(東京都渋谷区 地下鉄日比谷線広尾駅徒歩3分、JR恵比寿駅徒歩15分)

【参加対象】
NPO・NGOスタッフ、NPO支援センター、社会福祉協議会や生活協同組合などでNPOなど他団体との連携を模索している方、市民セクターに強い関心のある専門家、行政、企業の方。

【定員】
500名

【参加費】
6,000円(日本NPOセンター正会員5,000円)

【お問合せ・お申込み】
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
〒100‐0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
TEL:03-3510-0855
FAX:03-3510-0856

※詳細や申込み手続きなどは下記URLからご確認ください。
http://jnpoc.ne.jp/ss2016/
posted by NPO活動交流センター at 14:59| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

第12回日本パートナーシップ大賞

【概要】
NPO×企業=未来
社会にインパクトを与えた特色ある協働事業を表彰します!

今回で12回目を迎えた日本パートナーシップ大賞は、2017年3月、
国内では初開催となる「サステナブル・ブランド国際会議 2017 東京」と共催。
最終審査・表彰式は、同国際会議のオフィシャルイベントとして実施いたします。
企業との協働に取り組み、地域や社会を動かしている全国のNPOやCSRの一環として
NPOとの協働を推進している企業のみなさん、この新たなチャンスにぜひご応募ください!

■募集期間
2016年9月1日(木)〜 10月31日(月)【17時必着】

■対象となる事業
日本に所在する非営利組織(法人格不問、以下同じ)と企業の協働事業。
(上記の協働に行政・大学等多様な主体が関わった協働事業も可)

■応募条件
1.応募の時点で継続中または事業終了後1年以内のもの。自薦または第三者による推薦。
ただし、いずれも、NPOおよび企業双方の了解が得られていることを条件とします。
※ 協働事業ごとの応募となりますので、複数の協働事業の応募、事業所単位の応募も可能です。
2.過去の「パートナーシップ大賞」入賞事業(グランプリ事業含む)を除きます。
3.主催者・共催者が作成する刊行物やホームページ等に、協働事業名、NPO名、企業名等を掲載
することについて、ご了承いただくことを条件とします。

■応募・審査費用
応募事業1件につき5万円

■応募特典
○「サステナブル・ブランド国際会議 2017 東京」の招待券4枚(企業等2名・NPO2名) 【約16万円相当】を無償提供
○最終ノミネート事業(者)はサステナブル・ブランド国際会議でのポスター展示が可能 【制作は共催者】

■表彰
【グランプリ(1事業)】
NPOに記念盾と副賞 30万円(又は「プロによるPR動画制作」のどちらかを選択)
企業には記念盾を贈呈
【優秀賞(大企業部門・中小企業部門それぞれ1事業)】
NPOに記念盾と副賞 10万円、企業には記念盾を贈呈
【その他、特別賞(オルタナ賞ほか)】

【ご応募・お問合せ先】
特定非営利活動法人パートナーシップ・サポートセンター(PSC) 
「第12回日本パートナーシップ大賞」募集係
〒464-0067 名古屋市千種区池下1-11-21 サンコート池下2F
TEL 052-762-0401 FAX 052-762-0407 E-mail oubo@psc.or.jp
URL http://www.psc.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 16:23| 岩手 ☁| Comment(0) | 「県外のNPO法人」から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする