2019年01月17日

『2019年度みちのく国づくり支援事業』

【助成金内容】
2019 年度の重点事項として、「復興・創生期間」にふさわしい事業〔復興まちづくり、被災地交流促進、まちづくり人材育成、復興関連事業の広報、震災の記憶と教訓の伝承等に関する事業〕を重点的に支援します。

【締切】
平成31年2月13日(水)必着

【対象者】
東北地方に所在地を置き、社会資本整備に関する事業を実施している公的機関、関係団体、関係法人等を対象とします。ただし、個人での申請はできません。

【対象事業】
(1)社会資本の整備、利用、保全等に関する事業で、公益性が高く、不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与する事業を原則とします。
(2)(1)の要件に加え、次に掲げる基本要件、事業分類、事業区分(キーワード)のうち、それぞれいずれかに該当する事業を対象とします。

【基本要件】
一 災害の防止を目的とする事業
二 地球環境の保全又は自然環境の保護及び整備を目的とする事業
三 国土の利用、整備又は保全を目的とする事業

【事業分類】
一 防災に関する支援事業
二 調査研究及び研究助成事業
三 研究会・講習会等に関する事業
四 広報活動及びその支援に関する事業

【助成金額】
共催・実行委員会:事業内容を考慮し、共催団体(もしくは実行委員会)等と調整のうえ支援額(当協会負担額)を決定します。
後援・協賛:総事業費(事業に係る直接経費のみ)の 1/2 以下を原則とし、50 万円を上限とします。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://www.tohokuck.jp/contents/enterprise/public/recruitment/index.html

【お申し込み・お問い合わせ先】
一般社団法人東北地域づくり協会 地域事業部
〒980-0871 仙台市青葉区八幡一丁目 4-16
TEL:022-268-4711/FAX:022-227-5244
E-mail:michinoku@kyokai.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 16:21| 岩手 ☀| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

『離島人材育成基金助成事業』

【助成金内容】
自主的な離島住民活動を支援し、新しい活力ある離島の実現に必要な人材の育成を図ることを目的として設置した「離島人材育成基金」の運用益による助成事業を毎年実施しています。

【締切】
平成31年2月1日(金)

【対象者】
「離島」に在住している人、もしくは離島で活動しているグループ・団体(民間企業不可)などが対象です。

【対象事業】
@離島の産業振興に係る事業
A離島の生活・文化・福祉の向上に係る事業
B他地域との交流推進に係る事業
Cその他人材育成に必要な事業

詳しくはHP内の「募集要項」をご覧ください。

このほか事業の特性に応じて、次の4つの型(タイプ)を用意しています。
A.「知的支援型」 B.「視察研修型」 C.「活動助成型」 D.「研究助成型」

【助成金額】
助成金額は、助成金支給対象経費の2/3以内(千円未満の端数切り捨て)で、1事業につき100万円を限度額とします。
なお、助成対象経費が75万円未満の場合、助成率を4/5以内とします(ただし助成限度額50万円)。
※知的支援型および視察研修型の助成金額は、助成金支給対象経費の4/5以内(千円未満の端数切り捨て)で、上限が30万円となります。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.nijinet.or.jp/about/activities/grants/tabid/95/Default.aspx

【お申し込み・お問い合わせ先】
公益財団法人日本離島センター 離島人材育成基金助成事業担当まで
TEL:03-3591-1151 FAX:03-3591-0036
posted by NPO活動交流センター at 14:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

『認定NPO法人イーパーツ「第18回複合機およびラベルライター寄贈プログラム」』

【寄贈目的】
 非営利団体の情報化支援

【締切】平成31年1月18日(金)

【対象者】
 以下のすべての条件を満たす団体に限らせて頂きます。
 日本国内を拠点に非営利活動を行っている団体
 ※寄贈対象には社会福祉法人・財団法人・任意団体も含みます。
 ※以下の団体は寄贈対象から除かせていただきます。
   営利団体、個人
   幼稚園から高校までの学校および大学
   日本国外に位置する非営利団体
   医院、病院 、医療研究機関
   政府・行政機関・自治会
   政治・労働・宗教団体

【寄贈条件】
  寄贈されたインクジェット複合機とラベルプリンタは
 申請された目的以外には使用できません。
 また、寄贈を受けた団体以外への譲渡及び貸与はできません。
 寄贈後半年に、複合機の活用に関するアンケートに回答して頂けること。
 寄贈された複合機が不用となった場合には
 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等に従い適正に廃棄して頂けること。
  複合機寄贈後、一ヶ月以内に、寄贈品の活用
 もしくは活動の様子の写真のご提出して頂けること。
 「ベストスマイル」へ掲載させて頂きます。
 寄贈手数料として1台あたり1,000円〜5,500円の
 寄贈機器に応じた実費ご負担を頂けること。
 寄贈品の発送に際して、個人情報をブラザー販売(株)と共有させて頂きます。

【寄贈品】
 (a)電話機付インクジェットFAX複合機
 (b)A3両面対応インクジェット複合機
 (c)インクジェット複合機(有線LAN/無線LAN/ADF有)
 (d)インクジェット複合機(無線LANのみ)
 (e)モノクロレーザープリンタ
 (f)モノクロレーザープリンタ
 (g)ラベルライター

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.eparts-jp.org/program/2018/12/br18th.html
posted by NPO活動交流センター at 13:38| 岩手 ☀| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

『WAM助成(モデル事業)』

【助成金内容】
  WAM助成では、これまで複数の団体との連携や
 ネットワーク化を重視した助成を行い
 全国各地で民間の創意工夫ある取組が展開されてきました。
  今般、社会課題が一層複雑化するなか
 これまで民間福祉活動団体が培ってきた
 ノウハウをもとに事業をさらに発展させ
 事業を通じて新たに明らかとなった課題や
 社会的に認知が進んでいない課題に対応することを目的に
 新たな「モデル」となり得る活動を募集します。

【締切】平成31年2月7日(木) 17:00メール必着

【対象者】
 社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人又は団体
 ・社会福祉法人
 ・医療法人
 ・公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
 ・NPO法人(特定非営利活動法人)
 ・一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす
   [助成対象となる事業の実施期間中に移行するものを含む]
    一般社団法人又は一般財団法人)
    →法人税法上の非営利型法人は「国税庁HP」をご覧ください。
 ・その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う
  法人・団体は、次の要件を満たす必要があります。
   ※理事を2人以上置いていること
   ※役員会など意思決定を行なう為の組織について、運営規約等に定めている事

【対象事業】
 (1) 地域連携活動支援事業
   これまでの活動により得られたノウハウをもとに
   助成先団体が関係機関とビジョンや目標を共有し
   継続的・相互的な連携体制の構築を通じて
   地域における面的な成果の広がりを目指す事業

 (2) 全国的・広域的ネットワーク活動支援事業
   これまでの活動により得られたノウハウをもとに
   助成先団体が幹事的役割を果たし
   各地域のNPO等とビジョンや目標を共有し
   継続的な連携体制の構築を通じて
   その後の各地域のNPO等による主体的な活動に
   つなげることで、全国的・広域的な
   セーフティネットの充実を図る事業

【助成金額】
 3年間の合計:3,000万円まで
 2年間の合計:2,000万円まで

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
 URL:http://www.wam.go.jp/hp/2019_wamjyosei_model/

【お問い合わせ先】
 独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
 〒105-8486 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
 TEL:03-3438-4756
posted by NPO活動交流センター at 17:13| 岩手 ☀| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『WAM助成(社会福祉振興助成事業)』

【助成金内容】
 社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者が自立した生活を送れるよう、また、子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援を行うことを目的とします。

【締切】
平成31年1月31日(木)17:00メール必着

【対象者】
社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人又は団体
・社会福祉法人
・医療法人
・公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
・NPO法人(特定非営利活動法人)
・一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす[助成対象となる事業の実施期間中に移行するものを含む]一般社団法人又は一般財団法人)
→ 法人税法上の非営利型法人は「国税庁HP」をご覧ください。
・その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人・団体は、次の要件を満たす必要があります。
※ 理事を2人以上置いていること
※ 役員会など意思決定を行うための組織について、運営規約等に定めていること

【対象事業】
(1) 地域連携活動支援事業 <助成額>50万円〜700万円
地域の多様な社会資源を活用し、複数の団体が連携やネットワーク化を図り、社会福祉諸制度の対象外のニーズ、その他地域の様々な福祉ニーズに対応した地域に密着した事業(同一都道府県内)

(2) 全国的・広域的ネットワーク活動支援事業 <助成額>50万円〜900万円
全国又は広域的な普及・充実等を図るため、複数の団体が連携やネットワーク化を図り、相互にノウハウを共有し、社会福祉の振興に資する創意工夫ある事業又は社会福祉施策等を補完若しくは充実させる事業

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.wam.go.jp/hp/2019_wamjyosei/

【お問い合わせ先】
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
TEL: 03-3438-4756
posted by NPO活動交流センター at 16:56| 岩手 ☀| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

『公益財団法人ノエビアグリーン財団 個人助成』

【助成金内容】
児童、青少年の健全な育成や、スポーツの発展、普及に寄与するものです。

【締切】
平成31年2月28日(木)

【応募資格】
将来、世界大会やオリンピック、パラリンピック出場等を目指すアマチュアスポーツ選手(18歳以下)。
※公募開始(2018年12月3日)時点の年齢が18歳以下とします。また、プロ契約選手(競技を通して金銭を授受している方)は対象外とします。

【助成金額】
1件ごとの助成金額は、活動内容によって異なり、1件あたり上限300万円とします。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://www.noevirgreen.or.jp/grants/athlete/

【お問い合わせ先】
公益財団法人ノエビアグリーン財団 事務局
TEL:03-5568-0305 9:00〜17:30 (土日祝日・年末年始除く)
MAIL:info@noevirgreen.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 17:22| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『公益財団法人ノエビアグリーン財団 団体助成』

【助成金内容】
児童、青少年の健全な育成や、スポーツの発展、普及に寄与するものです。

【締切】
平成31年2月28日(木)

【対象者】
(1)公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人のいずれかの団体
(2)上記以外の団体であって以下の要件を備える団体(特定非営利活動法人等)
・定款、寄附行為に類する規約等を有すること
・団体の意志を決定し執行する組織が確立していること
・自ら経理し監督する等会計組織を有していること
・団体活動の本拠としての事務所を有すること
・申請時点で、設立後、3年以上の活動実績を有すること
ただし、設立前より対象の事業を継続している場合は、設立前の活動年数も含め3年以上とする。

【対象事業】
児童、青少年の健全育成の向上を目的とした体験活動、およびスポーツの振興に関する事業を積極的に行い、または奨励している下記@〜Hの分野に当てはまる団体
@ スポーツ体験活動 スポーツを通じて子供たちの健康維持増進や運動機能向上に貢献する活動
A ジュニアアスリート選手育成活動
B 自然体験活動
C 科学体験活動
D 障がいのある子供
E 自然災害等による被災地の子供たちへの支援活動
F 地域に根ざした子供たちへの支援活動
G 児童養護施設の子供たちへの支援活動
H その他の体験活動

【助成金額】
1件ごとの助成金額は、活動内容によって異なり、1件あたり上限300万円とします。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://www.noevirgreen.or.jp/grants/organization/

【お問い合わせ先】
公益財団法人ノエビアグリーン財団 事務局
TEL:03-5568-0305 9:00〜17:30 (土日祝日・年末年始除く)
MAIL:info@noevirgreen.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 15:48| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

『一般財団法人 冠婚葬祭文化振興財団 社会貢献基金助成』

【助成金内容】
この基金は、地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業、地域つながり事業、冠婚葬祭継承など社会貢献活動を行う各種団体等への助成、並びに社会貢献に資する調査・研究を目的とした事業に対する助成を行い、以て日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的としています。

【締切】
平成31年2月28日(木)必着

【対象者】
以下の条件を満たす、非営利組織(財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、その他任意団体、市民ボランティアグループも対象となります。)及び又は大学、研究機関(個人も可)で、今回募集する助成対象事業の趣旨に合致する事業を行おうとしている団体等。(個人資格による申請については、研究助成分野以外は対象外となります。)

(1)定款に準ずる規約を有し、自ら経理し、監査することができる会計機能を有すること。
(2)団体等の主たる事務所(又は準ずる所)を日本国内に有すること。
(3)団体等の意志を決定し、今回申請する活動を執行する体制が確立していること。
(4)団体の活動実績(今回申請する活動又は類似した活動)を3年以上有し、今回申請する活動のニーズが高く今後も継続性が期待できること。
(5)申請する事業の実施のための自己資金を保有すること(他の民間団体等からの助成を除く)。

【対象事業】
(1)研究助成事業
(2)高齢者福祉事業
(3)障害者福祉事業
(4)児童福祉事業
(5)環境・文化財保全事業
(6)地域つながり事業
(7)冠婚葬祭継承事業

【助成金額】
総額およそ1,000万円を目途とし助成を行います。
(1件当たりの助成額上限は200万円とします。但し、研究助成事業においては、100万円を上限とします。)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.ceremony-culture.jp/social/service/fund/content01/

【お申し込み先】
一般財団法人 冠婚葬祭文化振興財団
社会貢献基金助成 運営事務局
〒105−0003 東京都港区西新橋1-18-12 COMS虎ノ門6階
<お問合せ連絡先>TEL:03-3596-0061
posted by NPO活動交流センター at 16:03| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

『公益財団法人 あすなろ福祉財団 助成のご案内』

【助成金内容】
今回の助成は、障がい者の社会支援に取り組んでいらっしゃる皆様を対象に、助成(資金支援)を行うものです。

【締切】
平成31年1月31日(木)(当日消印有効)

【対象者】
日本国内において創業時から3年以上の継続した活動実績がある団体
非営利法人 (社会福祉法人、特定非営利活動法人)、任意団体、ボランティアグループ等

【対象事業】
領域T. 障がい者の自立及び社会参加に関する活動
領域U. 障がい福祉サービス事業所等の設備整備及び環境改善
領域V. 障がい者の文化・芸術・スポーツの振興のための諸活動

【助成金額】
領域T 10万円〜300万円(上限額は、原則、総事業費の5割まで)
領域U 10万円〜400万円(上限額は、原則、総事業費の8割まで)
領域V 10万円〜200万円(上限額は、原則、総事業費の8割まで)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:https://www.asunaro-zaidan.or.jp/subsidy/index.html

【お申し込み・お問い合わせ先】
〒111-0051
東京都台東区蔵前1-5-1 テクノフレックスビル2階
公益財団法人 あすなろ福祉財団
Email. info@asunaro-zaidan.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 17:14| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

『エイズ予防財団助成事業の公募』

【助成金内容】
公益財団法人エイズ予防財団(以下「財団」という。)では、HIV感染症・エイズの予防とまん延の防止を図るため、患者・感染者の社会的支援やエイズに関する啓発普及等を行うNGO・NPOへの助成を行っております。

【締切】
平成31年1月21日(月)17:00までに財団に提出する(送付のときは当日受付印有効)。

【対象者】
助成の対象となる団体は、次に掲げる要件を全て満たすものとする。この場合、法人格の有無は問わない。
(1)団体の活動・事業を開始して1年以上経過していること。
(2)エイズ対策推進のための事業を遂行する十分な能力を有すること。
(3)特定の団体の利益を図る運営を行わないこと。
(4)エイズ対策の推進に不適当と認められる行為がないこと。
(5)国又は地方公共団体の機関ではないこと。

【対象事業】
助成の対象となる事業は、以下の2事業とする。
(1)エイズ患者・HIV感染者等に対する社会的支援事業
(2)エイズ予防に関する啓発普及事業
(注)次に掲げる事業は、助成の対象としない。
@ 特定の事業者への利益のために行われる事業
A 営利を目的とした事業
B 政治的又は宗教的宣伝を目的としていると認められる事業
C 他の団体等への資金の援助、助成等を内容とする事業

【助成金額】
各助成対象事業の1件当たり助成金額は、100 万円以下とする。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.jfap.or.jp/business/02_josei.html

【照会・提出先】
公益財団法人エイズ予防財団 担当:白田
〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町 2-7-1 TOHYU ビル 3 階
TEL:03-5259-1811 E-mail:josei@jfap.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 16:27| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする