2017年06月26日

『平成29年度 高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成事業』

【助成の目的】
高齢者と障害を持つ人たちに対する、社会福祉のボランティア活動を積極的に支援推進し、こころ豊かな社会づくりの実現に寄与することを目的とする。

【締切日】
平成29年7月14日(金)

【対象者】
ボランティア活動に実績があり、活動基盤が整備されているボランティア活動団体であり、財政的理由等により助成を必要としていること。

【対象事業】
国内において実施される、社会福祉のためのボランティア活動であって、次に掲げるボランティア活動に必要な各種器材の助成事業とする。

ア.高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な器材の整備事業に対し、購入費用を助成する。
イ.整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗品、汎用事務機器、自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品整備事業については助成の対象としない。
ウ.収益事業は助成の対象としない。
エ.助成を受けた後2年間は、助成の対象としない。

【助成金額】
助成率は、9/10以内とし、助成金の限度額は、900千円とする。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.vecof.or.jp/news/2017/06/29-2.html

posted by NPO活動交流センター at 15:21| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『平成 29 年度「共創イベントを通じた情報発信ソリューション構築事業」』

【募集内容内容】
NPO、企業、自治体、その他地域課題の解決に取り組む各種団体等から、自らの取組を発
展・加速させるため、共創イベントを通じて、情報発信力の強化や新たなパートナーとのつ
ながりを創出し、課題解決したいニーズ(以下「情報発信ニーズ」という。)を募集します。

【締切日】
第2期
1次締切:平成29年6月30日(金)17:00時まで必着
2次締切:平成29年7月26日(水)17:00時まで必着

【想定される情報発信ニーズ(例示)】
• 農業、林業、漁業等、一次産業や自然環境との共存に関するテーマ
• 生産や製造、研究開発等、ものづくりや技術振興に関するテーマ
• 観光や文化芸術活動等、交流人口拡大に関するテーマ
• 子育て、人材育成、生涯学習支援等、教育や学びに関するテーマ
• 生活や交通の利便性向上等、暮らしの質向上に関するテーマ
• 地域コミュニティや防災拠点等の形成に関するテーマ など


※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-11/2017/20170615151200.html

【お問い合わせ先】
・復興庁 総合政策班 担当:永井 田
電話:03-6328-0223
・NECソリューションイノベータ株式会社 担当:岡野、江本
電話:03-5569-3405、03-5534-2714
posted by NPO活動交流センター at 15:08| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公益財団法人日本ユネスコ協会連盟より『プロジェクト未来遺産2017』募集(締切7/21)

【プロジェクト未来遺産とは】
日本の素晴らしい文化や自然は、長い歴史の中で先人たちの知恵や工夫によって育まれてきた、今の時代を生きる私たち日本人一人一人の財産です。その大切な財産を子どもたちへ残し、未来へ向けて文化や自然を守り、継承していく市民の活動が“未来遺産”です。公益社団法人日本ユネスコ協会連盟では、失われつつある豊かな自然や文化を、子どもたちの未来に残そうとする活動を『プロジェクト未来遺産』として登録し、地域から全国へ発信し、日本全体で応援するプロジェクトを推進しています。

【募集対象】
@ 市民が主体となって地域の文化(建造物や遺跡等の有形、演劇・技術・祭り等の無形文化)を守り継承するプロジェクト。
A 市民が主体となって自然(自然景観や生態系等)を守り継承するプロジェクト。
B 自然災害からの自然・文化の復興をテーマとするプロジェクト。

【応募団体の要件】
※すべてを満たす必要があります
@ 地域の人が主体となって運営していること。
A 特定の宗教や政治に偏らない非営利団体(公益法人・任意団体)であること(ユネスコ協会、国・地方公共団体、自然・文化関連団体などの各種団体からの推薦を得られること)。
B 2年以上の団体活動実績があること。
C 特定の政治、宗教活動を目的とする団体ではないこと。
※小・中・高等学校・大学等教育機関・企業からの申請はできません。ただし、地方公共団体が出資している第三セクターの企業等からの申請は検討いたします。

【助成金額】
 1件あたりの上限額: 200,000円

【お問い合わせ先】
 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟事務局内 未来遺産運動事務局
 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿 1−3−1 朝日生命恵比寿ビル 12F
 電話:03-5424-1121 FAX:03-5424-1126
 Email:mirai●unesco.or.jp ※●を@に変えて送って下さい。
 URL: www.unesco.or.jp/mirai/

※詳細は、ウェブサイトに記載されている要項をご確認ください。
posted by NPO活動交流センター at 11:48| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

『食を通した居場所づくり支援助成プログラム』


【助成金内容】
地域における共食や食周りの様々な体験を通した子どもの心と身体の成長そして自立の支援を行うため、子ども食堂などの食を通した居場所づくりを行う公益的な団体の開設費用や備品購入等を支援します。
(事務局運営については「一般社団法人全国老人給食協力会※」との協働で行います)。

【締切日】
平成29年7月14日(必着)

【助成対象事案例】
拠点の改修費、冷蔵庫他厨房機器、会食会の椅子やテーブル、什器一式、
テレビ、パソコンやプリンター、研修費用(講師謝金・参加費・交通費)、他

【対象外とする申し込み内容】
@営利を目的とした案件、既に完了している案件
A団体スタッフに対する人件費が含まれるもの
B同じ内容で他の団体から助成を受けたもの
C備品購入の場合、事業内容と備品の金額、性能が適切でないもの(用途に比べ高価な機種)

【助成金額】
@助成金額:総額 200万円  
A助成限度額50万円(1件当たりの上限)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html

【お申込み・お問い合わせ先】
一般社団法人 全国老人給食協力会 事務局
住所:〒158−0098 東京都世田谷区上用賀6−19−21
電話番号:03-5426-2547 (受付:平日 月〜金、10時〜17時)
FAX番号 :03-5426-2548
E-mail:infomow@mow.jp
Website:http://www.mow.jp
posted by NPO活動交流センター at 11:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

『2017年度国際交流基金地球市民賞』

【概要】
国際交流基金地球市民賞は、全国各地で国際文化交流活動を通じて、
日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め互いの知恵やアイディア、
情報を交換し、ともに考える団体を応援します。
どなたでもご応募できますので、奮って、ご推薦/ご応募ください。
応募ガイドライン:http://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/

【対象活動】
・文化・芸術による地域づくりの推進
日本と海外をつなぐ文化・芸術の交流を通じて
豊かで活気のある地域やコミュニティをつくる活動など。
・多様な文化の共生の推進
外国人の多様な文化(言語教育を含む)を理解、尊重し
ともに豊かで活気のある地域やコミュニティを築いていこうとする活動など。
・市民連携・国際相互理解の推進
共通の関心や問題意識を通じ、日本と海外の市民同士の
連携や相互理解を進める活動など。

【対象団体】
公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。
※団体の法人格は問いませんが、地方自治体は対象としません。

【推薦/応募件数】お一人/一団体 最大5件まで推薦/応募できます。

【授賞】
授賞内容:正賞(賞状)と副賞(1件200万円)
授賞件数:3件以内

【選考ポイント】
先進性:国際文化交流の一つのモデルとして、他の団体の参考となる活動であること。
独自性:独自のアイディアを活かした活動であること。
継続性:少なくとも3年以上、着実な活動をしてきていること。
将来性:今後も着実で活発な活動が継続されることが見込まれること。
社会に対する影響力:社会的な広がりや浸透力のある活動であること。

【お申込期限】平成28年7月31日(月)

【お問い合わせ先・お申込先】
国際交流基金 コミュニケーションセンター 地球市民賞事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
TEL:03-5369-6075 FAX:03-5369-6044
E-mail:chikyushimin@jpf.go.jp
URL:http://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/
posted by NPO活動交流センター at 16:21| 岩手 ☀| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

『食育活動助成プログラム』

【助成金内容】
食育活動を行う公益的な団体を対象とし、
講座、イベント、研究等に必要な資金の一部を助成します。

【締切日】
平成29年7月14日(必着)

【対象外とする申し込み内容】
@営利を目的とした案件、既に完了している案件
A団体スタッフに対する人件費が含まれるもの
B同じ内容で他の団体から助成を受けたもの
C備品購入の場合、事業内容と備品の金額、性能が適切でないもの(用途に比べ高価な機種)

【助成金額】
@助成金額:総額 400万円  
A助成限度額100万円(1件当たりの上限)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html

【お申込み・お問い合わせ先】
一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団 事務局
住所:〒150−0002 東京都渋谷区渋谷1-4-13   
電話番号:03-3486-3094 (受付:平日 月〜金、9時半〜17時)
FAX番号 :03-3486-6204
posted by NPO活動交流センター at 17:32| 岩手 ☔| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

『第15回(2017年度)生協総研賞「助成事業」』

【助成金内容】
生協総研賞は、「表彰事業」(「研究賞」・「特別賞」、隔年)及び「助成事業」(毎年)を行う事業です。
本事業は、人々のくらしをめぐる研究の発展と、生活協同組合運動に関する研究の発展を目的とします。


【締切日】
平成29年7月31日(必着)

【対象者】
(1)個人研究
大学・各種研究所等の研究者・大学院生、及び生協・NPO・市民組織等の役職員・関係者等による個人の研究・調査を主な対象とします 。
(2)共同研究
「個人研究」の対象者と同様とする。但し、申請者(研究代表者)を中心として、若干名の参加メンバーによって構成し、研究するものを対象とします 。
・なお、上記(1)(2)とも新進・中堅の申請者を優先して採用します 。


【対象となる研究領域】
・生活協同組合の今日的な課題及び事業・組合員活動における実践的な研究
・くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
・消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
・地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地球環境等に関する研究
・大規模災害後に被災地域が直面している課題に関する研究

【助成金額】
総額300万円
個人研究:1件30万円以内
共同研究:1件50万円以内

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://ccij.jp/jyosei/ken170524_01.html

【事務局】
連絡先:〒 102-0085 東京都千代田区六番町15 プラザエフ 6F
公益財団法人生協総合研究所 助成事業係
電話 03-5216-6025 E-mail:ccij@jccu.coop
posted by NPO活動交流センター at 15:59| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

『タケダ・いのちとくらし再生プログラム(第2期募集)』(締切6/30)

【対象事業】
  岩手県、宮城県、福島県の東日本大震災の被災地において
 「いのち」と「くらし」の再生(下欄参照)に
 関わる支援活動のうち、特に以下の方法をもって
 取り組む事業を助成対象とします。
  A.連携・協働
    自治会などの地縁組織、社会福祉協議会、企業、行政、他のNPOなど
    複数の支援の担い手と連携・協働し、被災地域の課題に取り組む活動。
    各団体が持つ強み、専門性を結集することで
    ひとつの団体だけでは解決できない課題に取り組んだり
    活動の成果が広域に波及することを目指す事業。

  B.住民のエンパワメント
    社会的な孤立、生活困窮など、震災から6年を経て
    顕在化してきた被災地域の課題に
    住民の主体的な参加を通じて取り組む活動。
    NPOなどによるこれまでの活動の経験を生かし
    住民自らが被災地域の課題を解決していく事を目指す事業。

   「いのち」の再生
    社会的に弱い立場にある被災者
    (子ども、高齢者、病人、障害者、災害遺児・遺族、生活困窮者等)が
    尊厳をもって生きていけるよう、その人権を尊重し
    日常生活を支援し、保健・医療・福祉の充実を図る活動。

   「くらし」の再生
    被災した人々が生きがいのある暮らしを回復できるよう
    生活の場・仕事の場を再建し、生活基盤を整備する活動。

【助成対象団体】
 ・東日本大震災の被災3県(岩手県・宮城県・福島県)に団体本部があること。
 ・東日本大震災の被災3県(岩手県・宮城県・福島県)のいずれかで
  震災の影響を受けた人々や地域への支援を行う団体であること。
 ・民間の非営利組織であること。(法人格の有無や種類は問いません。)
 ・政治的・宗教的な活動を主目的とする団体でないこと。

【助成額】助成1件につき300万円〜500万円(総額2,000万円を予定)

【お申込み期限】平成29年6月30日(金)※当日必着
【お問い合わせ先・お申込先】
 認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
 タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局(担当:長瀬・山脇)
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
 TEL:03-3510-0855 FAX:03-3510-0856
 E-mail:info●inochi-kurashi.jp
    ●を@に変えて送ってください。
 URL:http://www.inochi-kurashi.jp/news/1795.html
posted by NPO活動交流センター at 21:11| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『一般財団法人 松翁会 社会福祉助成事業』

【助成金内容】
当会は社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、もってわが国社会福祉の向上に寄与することを目的とし、社会福祉に関する事業に対して助成を行います。

【締切日】
平成29年7月31日(月)必着

【助成の対象】
当会の助成は、社会福祉に関する民間の事業を対象とします。尚、助成申込案件は次の要件を具備するものであることを要します。
(1) 助成対象
 @事業助成
原則として法人・団体であること。法人格をもたないものであっても、特に助成することにより効果が期待できる場合は対象とします。
但し、個人および営利法人等は対象外とします。
※反社会的勢力および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受付致しません。
(2) 助成対象案件並びに選考基準
 @障がい者の福祉向上案件、および難病案件、虐待防止案件を対象とする。
 A明確な企画(目的、内容、資金使途等)に基づく事業で具体的な計画を持つこと。
 B推進体制が確立しており、自己資金の調達の努力をしていること。
 C先駆的、開拓的事業を優先する。
 D助成対象にならないもの
 ・過去3年間に松翁会から助成を受けた法人・団体からの申請
 ・研究助成
 ・法人・団体の管理運営維持に関する経費(日常業務にかかる人件費、家賃などの経常資金、
  定例化したセミナーなどの開催費用等)

【助成金額】
1件当りの金額は、原則として60万円を限度とします。
(応募最低額10万円)

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://shouohkai.or.jp/zaidanhojin_shououkai/business/

【お申込み先】
【一般財団法人 松翁会】
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワー地下1階
一般財団法人松翁会 事務局 社会福祉事業部 助成係  TEL:03-3201-3225
posted by NPO活動交流センター at 15:59| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

『平成29年度子ども文庫助成』

【助成金内容】
1 子どもの本購入費助成(助成金 30 万円)
子ども文庫又はその連絡会、読み聞かせ等で読書啓発活動をされている民間の団体又は個人の皆様

2 病院・施設子ども読書活動費助成(助成金 30 万円)
小児病棟、障害児施設、養護施設等で読書活動をされている団体又は個人の皆様

3子どもの本100冊助成(当財団が選んだ児童図書セット)
上記1.2の対象共通
今年度から、2000年以降に出版された図書を中心とした150冊の新しいリストが加わりました。

4子ども文庫功労賞(賞金、賞品)
子ども文庫を永年にわたり運営されてこられた個人で、子どもの読書啓発活動に貢献されてきた方<推薦>

【締切日】
平成29年6月30日(金)当日消印有効


※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.itc-zaidan.or.jp/support.html?20161216

【お問い合わせ先】
公益財団法人 伊藤忠記念財団 助成事業部
〒107-0061 東京都港区北青山2-5-1 
TEL:03-3497-2651 FAX:03-3470-3517
E-mail:bs-book@itc-zaidan.or.jp
〔受付時間〕月曜日〜金曜日 午前9時〜午後5時
(休業日:土曜日、日曜日、国民の祝日)
posted by NPO活動交流センター at 16:35| 岩手 ☀| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする