2018年12月17日

いわて哲学カフェ 開催!!

【概要】
  「言っちゃった…」ってこと、ありませんか?
 逆に「それは言っちゃダメだろ!」という言葉を耳にしたことは?
  では、それはなぜ「言ってはいけない」のか、説明できる?
 その気になれば世界中へ発信できる時代に考える
 「言ってもよいこと」と「言ってはいけないこと」の境界線

【日時】平成30年12月22日(土)14:00〜16:00(受付13:45〜)
【場所】アイーナ 6階 会議室602
    (盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
【定員】15名
【参加費】一般:500円 高校生以下:300円
     ※飲み物と軽食(お菓子など)は持ち込み可。
      ただし、汁物(カップ麺等)は不可。

【スケジュール】
 13:45〜14:00 受付
 14:00〜16:00 哲学カフェ
 対話テーマ:「言ってはいけないこととは?」
 司会進行:オオマツ
 (途中トイレ休憩などを設ける場合、10分延長)

【お問い合わせ先・お申込先】
 いわて哲学カフェ
 E-mail:nbsi178cas21●gmail.com
    ●を@に変えて送ってください。
 URL:https://philosophycafeinmorioka.hatenablog.com/entry/2018/12/02/201118
posted by NPO活動交流センター at 21:26| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

「いわて三陸学びの旅造成業務」企画コンペ実施要領(締切12/15、12/25)

【目的】
  三陸防災復興プロジェクト2019「いわて三陸学びの旅」事業として
 「復興の今を学ぶ」「三陸の豊かな地域資源を学ぶ」をテーマに
 全国各地からの誘客を図る旅行商品を造成し、三陸地域への
 来訪促進を図る事業を実施するに当たり、具体的な企画、実施に
 ついての提案を募集するものです。

【委託期間】契約締結の日から平成31年3月20日(水)まで
【委託上限額】5,080千円(税込)
 ※上記金額は現時点での見込みであり、今後、本業務に係る
  三陸防災復興プロジェクト2019実行委員会予算額の
  減額又は削除が生じた場合は、仕様の変更
  又は委託手続きの停止の措置を行う場合がある。

【実施要領等に関する質問の受付・回答】
 受付締切:平成30年12月19日(水)17:00必着
 最終回答日:平成30年12月20日(木)

【参加届出書の提出】
 提出期限:平成30年12月19日(水)17:00必着

【企画提案書等の提出】
 提出期限:平成30年12月25日(火)17:00必着


【お問い合わせ先・お申込先】
 いわて観光キャンペーン推進協議会(岩手県商工労働観光部観光課内)
 〒020-8570 盛岡市内丸10番1号
 電話:019-629-5572 FAX:019-623-2510
 電子メールアドレス:AE0006●pref.iwate.jp
   ●を@に変えて送ってください。
 URL:http://www.pref.iwate.jp/nyuusatsu/compe/sanka/070046.html
posted by NPO活動交流センター at 21:26| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト 2019 年度 公募助成』

【助成金内容】
  本助成は、予防原則を踏まえて、製薬メーカーの意向や
 現行の行政判断に左右されない独立の立場から
 浸透性殺虫剤の影響を検証する調査・研究を支援します。
  浸透性殺虫剤の被害を防ぐ、規制のあり方や
 一般市民の消費行動を変える働きかけに
 活かされるといった方向で、これからの社会が
 浸透性殺虫剤に向かい合うための
 公共的な議論の土台となる成果を期待しています。

【締切】平成31年2月1日(金)

【対象者】
  ネオニコチノイド系農薬に関する問題提起や
 使用の削減ないし中止に取り組む個人および団体
 (ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人
  研究機関、生産者など、地域、法人格、活動実績は問いません)

【対象事業】
 調査・研究カテゴリー
  現行の農薬行政や製薬メーカーの意向から独立し
  予防原則に基づいて一般市民・消費者・生産者の保護に
  つながる調査や研究のプロジェクトなど

 参考重要テーマ(これらの主題に限定しませんが重視します)
  ・哺乳類とヒトへの影響(とりわけ子どもに対する発達神経毒性)
  ・水田生態系や水系への環境影響
  ・浸透性殺虫剤に依存しない生活圏の創出
 ※目標達成に複数年を要する企画提案については
  申請書にその旨希望を書き込めますが
  案件の採択と支援は年度ごとに行います。

【助成金額】1企画あたりの上限:100万円

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
 URL:https://www.actbeyondtrust.org/info/4452/

【お申し込み・お問い合わせ先】
 一般社団法人 アクト・ビヨンド・トラスト 助成係
 〒150-0044 東京都渋谷区円山町 5-5 Navi 渋谷X 3F 助成担当:八木晴花
 TEL:070-6551-9266(平日 10 時〜19 時)
 【12/28〜1/6 は年末年始休業】
 Email:grant●actbeyondtrust.org
       ●を@に変えて送ってください。
posted by NPO活動交流センター at 17:17| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『2019 年度スポーツ普及奨励助成事業』

【助成金内容】
  当事業は、法人格を有すスポーツ・レクリエーション等
 生涯スポーツ関係団体(営利法人を除く。)が主催する
 全国・ブロック単位で行われるスポーツ・レクリエーション大会等の
 開催費用の一部を助成するものです。

【締切】平成31年1月18日(金)

【対象者】
 法人格を有するスポーツ・レクリエーション等生涯スポーツ関係団体
 (営利法人を除く)

【対象事業】
 不特定多数の者の利益の増進に寄与することを
 主たる目的に開催する次の事業を助成対象事業とする。
  1、原則として全国、ブロック規模で実施する競技会・交流大会
    (営利的なイベント、興行は除く)
  2、原則として全国、ブロック規模で実施する研修会・セミナー等
    (個人的資格取得講習会は除く)

【助成金額】
 1、多種目にわたって行われる大規模な青少年スポーツ振興事業
    1事業上限500万円、助成率50%以内
 2、各種スポーツ・レクリエーション大会
   生涯スポーツの振興に関する研修会・研究協議会・研究大会等
    1事業上限100万円、助成率50%以内
 3、助成金総額は約2,000万円とし、助成金交付申請額は査定(減額)される事がある。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
 URL:https://www.sportsanzen.org/index/Info/info-0928.html

【お申し込み・お問い合わせ先】
 公益財団法人スポーツ安全協会「スポーツ普及奨励助成事業」係
 〒105-0003 東京都港区西新橋 1-6-11 西新橋光和ビル 8 階
 TEL:03-5510-0022 FAX:03-5510-0020
posted by NPO活動交流センター at 17:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

旧盛岡競馬場跡地の愛称を募集しています!(締切12/28)

【趣旨】
  盛岡市は、旧盛岡競馬場跡地(以下「跡地」といいます。)が
 市民をはじめとする多くの皆さまから広く認識され
 親しみを持って利用されるエリアとなるよう、愛称を募集します。

【愛称の考え方】
 応募にあたっては、次の点を考慮してください。
 ア、跡地の特徴(歴史、使い方、周辺環境、位置など)が
   感じられる愛称であること。
 イ、子どもやお年寄りにも分かり易く、呼びやすく
   親しみが持てる愛称であること。

【応募資格】
 盛岡市内に住所若しくは通勤先を有する方
 または市内の学校に在学している方

【応募条件】
 ア、応募は1人1点までとします。
 イ、応募作品は自作で未発表のものとし、第三者の著作権
   商標権などの知的財産を侵害しないものに限ります。
 ウ、応募に要する費用は、すべて応募者の負担とします。

【賞品】
 選考により最優秀賞1点、優秀賞2点を決定し、表彰状及び副賞を贈呈します。

【お申込期限】平成30年12月28日(金)まで(必着)
【お問い合わせ先・お申込先】
 盛岡市 市長公室 企画調整課 計画経営係
 〒020-8530 盛岡市内丸12番2号
 電話:019-613-8394 FAX:019-622-6211
 URL:http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/machizukuri/keiba/1024599.html
posted by NPO活動交流センター at 21:09| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

日韓文化講演会 日本語と韓国語の不思議なつながり

SKM_C45818121421010_0001.jpg SKM_C45818121421010_0002.jpg

【概要】
  お隣の国、韓国・北朝鮮で用いられている文字
 「ハングル」は1418年に即位した、朝鮮王朝4代王・世宗大王(セジュン)が
 主導し作られました。
  「ハングル」は有史以来類を見ない、優れた発明品であると言われます。
 世宗大王即位から600年となる記念すべき年に
 日韓両言語の関係について研究し、多くの業績を残されている
 姜奉植(カンボンシック)教授に御講演をお願い致しました。
  日本語と韓国語のつながりを知って頂きつつ
 隣国との親善にも寄与出来る事を願っております。

【日時】平成30年12月16日(日)14:00〜16:30(開場13:30〜)
【会場】アイーナ 5階 会議室501
    (盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
【参加費】200円(資料代)
【内容】
  講演『日本語と韓国語の不思議なつながり
      〜古代韓国の建国神話に出る地名・国名・人名から覗く〜』
   講師:姜奉植(カンボンシック)氏
       岩手県立大学 高等教育推進センター長・教授
       大韓民国文化勲章受章者

  日本と韓国の歌、ミニコンサートも開催!

【お問い合わせ先・お申込先】
 盛岡ハングルを学ぶ会 事務局
 TEL:019-626-1421 FAX:019-618-3001
 E-mail:morioka●hangul.ptu.jp
    ●を@に変えて送ってください。
 URL:http://hangul.ptu.jp/sub5.html
posted by NPO活動交流センター at 21:25| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【開催報告】いわてNPO中間支援ネットワーク 中間支援NPOスタッフ研修

いわてNPO中間支援ネットワーク中間支援NPOスタッフ研修
を下記の通り開催致しました。

日時 平成30年12月3日(月)15:10〜
会場 もりおか町屋物語館浜藤ホール

「協働を進めていくために必要なコト」
講師 いちのせき市民活動センターセンター長 小野寺浩樹氏
いちのせき市民活動センター、センター長の小野寺様から協働についてお話しいただき
ネットワーク構成団体のみなさんと、グループワークで協働について
必要なことなど、じっくり話し合いました。

当日は17名の方にご参加いただき、積極的な意見交換がされていました。
講師の小野寺様、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
posted by NPO活動交流センター at 16:04| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手のNPO法人】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【開催報告】地域づくり交流・連携フォーラム「出会いがつなぐ新しい地域のカタチ」(久慈市)

NPO・ボランティア×地域交流会 
地域づくり交流・連携フォーラム「出会いがつなぐ新しい地域のカタチ」
日時 平成30年10月27日(土)9:30〜12:30
会場 久慈市中央市民センター

◆基調講演 
「皆でつくる地域資源を活かしたまちづくり」
講師 認定特定非営利活動法人日本NPOセンター副代表理事 大島 誠氏
 認定特定非営利活動法人日本NPOセンター副代表理事の大島様から
 地域資源を活かしたまちづくりについてご講演いただき
 参加者の皆様も大変興味深くお話しを聞いているようでした。
IMG_1819.jpg

◆事例発表
 玉川あねっ娘の会           小久慈まちづくり協議会

 NPO法人風花             普代村地域おこし協力隊 山火 智美さん

◆交流会
IMG_1850.jpg
当日は54名の方にご参加いただきました。
基調講演、事例発表共に参加者の方からは大変参考になったと好評でした。
登壇された皆様、参加された皆様、開催にあたり
ご協力頂いた皆様ありがとうございました。
posted by NPO活動交流センター at 15:38| 岩手 ☁| Comment(0) | 【N活】からの「お知らせ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

『CO・OP共済 地域ささえあい助成 』

【助成金内容】
CO・OP共済は、「自分の掛金が誰かの役に立つ」という組合員どうしの助け合いの制度です。
コープ共済連はCO・OP共済を通じて豊かな社会づくりをめざしています。
その活動の一環として、生協と地域の NPO やその他の団体が協同して地域のくらしを向上させる活動を支援します。

【締切】
平成31年1月31日(木)

【対象者】
日本国内を主たる活動の場とする、下記すべてを満たす団体を対象とします(個人は対象となりません)。
・生活協同組合、NPO法人、任意団体、市民団体(今後設立予定の団体でも構いません)
・次の@、Aいずれかを必須とします。
@ 生活協同組合以外の団体が応募する場合には、活動内容が「生活協同組合と協同して行うもの」である
※応募時点で生活協同組合が協同活動を行うことに同意し、具体的な役割等が決まっていることが必要です。
A 生活協同組合が応募する場合には、「生活協同組合以外の団体と協同して行うもの」である

【対象事業】
@くらしを守り、くらしの困りごとの解決に資する
地域住民による高齢者等への生活支援のコーディネート、障がい者の就労支援、震災による避難者へのカウンセリングの取り組みなど
A命を守り、その人らしい生き方ができるようにする
病気やケガで治療中の方やそのご家族への治療に専念できる環境の提供や、治療中における精神面でのサポートを通して生活の質の向上を目指す取り組み、病気の予防や早期発見を目的とする啓蒙活動など
B女性と子どもが生き生きする
子育てひろばの開設・運営、出産後の再就職や社会復帰を支援する取り組み、DV 被害者からの相談を受け付ける活動など
※上記@〜Bのいずれにも合致しない活動(環境問題、動物保護等)は対象となりません。

【助成金額】
1つの活動について原則 100 万円を上限とします。
助成総額は最大 2,500 万円を予定しています。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://coopkyosai.coop/about/csr/socialwelfare/2019.html

【お問い合わせ先】
日本コープ共済生活協同組合連合会
渉外・広報部
地域ささえあい助成事務局宛
TEL:03-6836-1320(平日10:00〜17:00)
FAX:03-6836-1321
posted by NPO活動交流センター at 21:07| 岩手 ☁| Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

NPO基礎講座・運営講座のお知らせ

明日のNPO基礎講座は、「事例研究1 先駆的活動」を行います。
相談事例を参考に事業運営の注意点や先駆的活動について
みなさんと一緒に学んでみましょう!

またNPO運営講座(12/21開催)は、「団体広報のコツ!」を行います。
団体の広報活動をするためのポイントやコツってなんだろう?
みなさんと一緒に学んでみましょう!

以下のURLよりお申し込みください。
https://www.aiinanpo.org/mail/course/

NPO活動交流センター
TEL:019-606-1760
FAX:019-606-1765
E-mail:n-katsu@aiina.jp

SKM_C45818121220480.jpg
posted by NPO活動交流センター at 21:01| 岩手 ☀| Comment(0) | 【岩手のNPO法人】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする