2017年05月24日

岩手県立大学より 『平成29年度IPU情報システム塾』開催!!

【開講の目的】
プログラミング技術、Webの技術動向、スマートフォン、人工知能、クラウドの
各種アプリケーションの開発技法に関して、一般県民への教育活動を行うことにより、
岩手県におけるコミュニティの活性化や、新しいビジネスの創出の契機を作り、
地域の文化および経済の発展に寄与するために開講致します。

【開催時間】各日(全て土曜日)13:00〜18:00
【場所・会場】アイーナ 7階 アイーナキャンパス パソコン演習室
     (盛岡市盛岡駅西通1-7-1)

【1. モダンJavaScript入門コース(2回)】
開催日6/10、6/17 締切6/7

【2.React.jsによるSPAプログラミング入門コース(3回)】
開催日7/1、7/8、7/22 締切6/28

【3. GitHubとSlackによるチームプログラミング入門コース(3回)】
開催日9/2、9/16、9/30 締切8/30

【4. Python入門コース(2回)】
開催日10/7、11/11 締切10/4

【5. 機械学習プログラミング入門コース(2回)】
開催日12/2、12/9 締切11/29

【6. WebサービスAPI活用プログラミング入門コース(3回)】
開催日12/16、12/23、1/6 締切12/13

【7. React Nativeによるモバイルアプリ開発入門コース(5回)】
開催日1/13、2/3、2/10、2/17、2/24 締切1/10

【受講料】無料※ただし指定するテキストについては各自でご準備ください。
【定員】20名

【お申込み・お問い合わせ先】
岩手県立大学ソフトウェア情報学部 教授 佐々木 淳
FAX:019-694-2569 E-mail: contact@isjuku.jp
URL:http://isjuku.jp/
SKMBT_C45417052415370_0001.jpgSKMBT_C45417052415380_0001.jpg
posted by NPO活動交流センター at 16:31| 岩手 ☁| Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『東北3.11基金』

【目的と概要】
東日本大震災の被災地では、住宅再建や産業復興が優先され、
子どもの日常を回復する活動が後回しになってきました。
本助成は、福島、宮城、岩手の子どもたちをめぐる課題を解決し、
子どもたちが自らの力で未来を切り開いていく活動を支援します。

【締切日】
平成29年6月6日(火)必着

【対象者】
岩手、宮城、福島の被災3県の子どもたちの支援を行っている団体。
法人格の有無は問いません。
ただし、次の団体は除きます:国、地方自治体、宗教法人、 個人、営利を
目的とした株式会社、有限会社などの組織、趣旨や活動が政治・宗教・思想・ 営利などの目的に著しく偏る団体。

【対象事業】
子どもの電話相談、子育ての家庭訪問、子どもの居場所づくり、遊び場づくり、
学習支援、広域避難者支援など、岩手、宮城、福島の子どもたちが自らの力を切り開いていく活動

【助成金額】
総額:80万円
1団体あたり助成額:上限40万円
使途:上記事業にかかわる事業費、人件費、管理費、等。
※奨学金や生活費補助など特定個人への金銭授与を主たる目的とする事業は対象となりません

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.public.or.jp/PRF/news/dt_106.html

【お申込み・お問い合わせ先】
〒104-0043 東京都中央区湊2−16−25−202
公益財団法人パブリックリソース財団
「東北3.11基金」 担当:新井宛
電話:03-5540-6256 Fax:03-5540-1030
E-mail:arai.toshinobu@public.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 14:08| 岩手 | Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

平成29年度「世界禁煙デー」、「禁煙週間」のお知らせ

SKMBT_C45417052219220_0001.jpg

【期間】平成29年5月31日(水)から平成29年6月6日(火)まで
【厚生労働省の取り組み】
  URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162438.html

【岩手県における禁煙・分煙の飲食店・喫茶店】
  URL:http://www2.pref.iwate.jp/~hp0360/airfresh/index.html
posted by NPO活動交流センター at 20:55| 岩手 | Comment(0) | 【岩手県】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年度地域生活支援事業(療育キャンプ)の実施(受託)希望者募集(締切6/5)

【目的】
  ノーマライゼーションの理念の実現に向けて
 様々な障がいを持つ方が社会の構成員として
 地域の中でともに生活が送れるよう
  また、コミュニケーション、文化、スポーツ活動等を通じて
 生活の質的向上が図られるよう、必要な社会参加施策を
 効果的に実施し、障がい者に対する地域の理解を深め
 誰もが明るく暮らせる社会づくりを
 促進することを目的とする。

【事業の実施】
  肢体不自由等を併せ持つ重度知的障がい児・者、保護者
 及び支援者を対象に、重度の障がい児・者の
 機能回復訓練、保護者の療育相談
 保護者のリフレッシュを目的とし
 夏季1回、療育キャンプを実施する。

【応募資格】
 (1)岩手県内に事務所又は事業所を有する法人又は団体であること。
 (2)本件委託予定事業に類似する障がい者の支援に係る事業実績があり
  障がい及び障がい者を正しく理解し
  適切なサービスが提供できると認められる法人又は団体であること。

【実施内容について】
(1)療育キャンプは1泊2日の宿泊形式により実施すること。
(2)参加定員は10名程度とすること。
(3)講師、介助員等に謝金及び旅費を支払うこと。
(4)事業に必要な用具等を準備すること。
(5)参加者の安全に配慮し、傷害保険に加入すること。

【委託費】
  業務委託費の上限額は、695,000円(消費税及び地方消費税を含む。)とする。

【お申込み期限】平成29年6月5日(月)17:00【必着】
【お問い合わせ先・お申込先】
 岩手県保健福祉部障がい保健福祉課 療育担当
 〒020‐8570 盛岡市内丸10-1
 TEL:019‐629‐5446  FAX:019‐629‐5454
 E-mail:AD0006●pref.iwate.jp
    ●を@に変えて送ってください。
 URL:http://www.pref.iwate.jp/fukushi/shougai/36828/055274.html
posted by NPO活動交流センター at 20:47| 岩手 | Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ともにつくる認知症カフェ開設応援助成』

【「認知症カフェ」の目的】
「認知症のご本人とご家族にとって居心地の良い居場所」をつくる
「認知症ケアの体制づくりや情報発信の拠点」にする
「認知症のご本人が安心して参加でき、自身の力を発揮できる場所」をつくる
などの目的をもった「認知症カフェ」を対象にしています。

【締切日】
平成29年6月12日(月)(郵送必着)

【助成できる団体・グループ】
・政治活動、宗教活動又は利用者に対する営業活動を行わない団体・グループ
・法令および公序良俗に反しない団体・グループ
・反社会的な活動にかかわっていない団体・グループ
・飲食の提供等にあたり、衛生面に十分配慮している団体・グループ
・参加者の個人情報およびプライバシーの尊重・保護に万全を期す団体・グループ

【助成対象】
・2017年9月から12月まで(贈呈後3か月以内)に新規で開設する「認知症カフェ」
・開設後、運営できるだけの会場、スタッフが確保できていること
・3年以上の継続が見込めること
・地域活動として意義があると思われる運営方針であること
・地域住民が運営の中心メンバーにいること(医療・介護・行政関係者のみでの実施ではないこと。
株式会社や事業所などでの開設の場合は、法人単独の開催ではなく、多職種、様々な立場の人が集まり
結成されたグループであること)
・市民ボランティア(地域住民)が力を発揮できる場であること
・「認知症カフェ」を通して、地域の中に新しい資源や人的なネットワークを育んでいけること
・認知症カフェを通して実現したいことが明確にあり、その達成にむけ、少なくても月に1度は認知症カフェ、
または関連する事業や勉強会などを開催すること
・他の団体から開設のための助成を受けていないこと。ただし、開設後、継続するための他の助成や補助金は問わない
・実施主体の法人格は問わないが、「認知症カフェ」での営利を目的としていないこと
※認知症予防カフェやコミュニティーカフェ、ケアラーズカフェは対象になりません

【助成金額】
1か所につき、開設のための初期費用と向こう3年間の運営費として最大で100万円まで助成します。
なお、支払いは年度ごとに分割してお振込みいたします。

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2017/05/post-229.html

【お申込み・お問い合わせ先】
朝日新聞厚生文化事業団
「認知症カフェ開設応援助成」事務局
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5540-7446  FAX:03-5565-1643
Email:n-cafe@asahi-welfare.or.jp
posted by NPO活動交流センター at 13:35| 岩手 | Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際ヨガ協会より『ラドン岩盤浴deママさんヨガ』募集!!

SKMBT_C45417052211170_0001.jpg
子育て中の息抜きに赤い風車のラドン岩盤浴ヨガでココロとカラダをリフレッシュしてみませんか。

【日時】
 5月16日(火)
 5月30日(火)
 11:00〜12:00
 ※30分前にお越しください。

【受講料】
 2500円

【受講料に含まれるもの】
 レッスン料・託児料・ラドン岩盤浴の入浴料・温泉入浴料・ラドンウェア・フェイスタオル・バスタオル・500㎖

【定員】
 22名

【会場】
 鴬宿温泉の宿 赤い風車

【お申込・お問い合わせ先】
 赤いフロントまで
 TEL:019-695-2311
posted by NPO活動交流センター at 12:15| 岩手 | Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーデザイナー協会岩手県支部より『フラワーデモンストレーション』開催!!

SKMBT_C45417052211160_0001.jpg
【日時】
 平成29年6月18日(日)14:00〜16:30

【場所】
 いわて県民情報交流センター「アイーナ」804B会議室

【会費】
 3000円

【お申込締切】
 6月11日(日)

【お申込・お問い合わせ先】
 日本フラワーデザイナー協会岩手県支部
 TEL:080-2821-3228
 FAX:0197-64-1061

posted by NPO活動交流センター at 11:46| 岩手 | Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県立大学より『平成29年度管理栄養士国家試験受験準備講座』開催!!

SKMBT_C45417052211150_0001.jpg
岩手県立大学盛岡短期大学部生活科学科食物栄養学専攻では、本年度も裏面の通り岩手県立大学アイーナキャンパスにおいて、社会人リカレント教育講座(管理栄養士国家試験受験準備講座)を開講いたします。栄養士就業者の基礎専門分野の知識技術の向上に役立てていただくことを目的とし、皆様方の管理栄養士国家試験受験のお手伝いをさせていただく講座です。
本講座は、講義と演習を主とした少人数でおこない、管理栄養士国家試験のガイドラインの中で、短期大学部栄養士養成課程卒業生に不足していると思われる分野の科目を重点的にとりあげます。受講生は、主に本学卒業生で、管理栄養士国家試験受験を希望する方を対象とします。

【日時】
 2017(平成29)年9月9日(土)〜11月11日(土)全8回

【会場】
 いわて県民情報交流センター(愛称アイーナ)7 階 岩手県立大学アイーナキャンパス

【受講料】
 同じ科目名講座でも期日が異なるもの(@、A)は、異なる内容で、全部で8 講座です。但し、9 月30(土)は、講義と体験談を併せて1 講座です。ご希望の講座を選択して受講できます。受講料として下記の金額をお支払いください。支払い方法は、後日受講予約が決定した方にお知らせいたします。
本学卒業生:1 講座600 円 他大学卒業生:1 講座1,500 円

【申込方法・締切】
 申込票に必要事項を記入してハガキに貼り付けるか、FAX で下記へ送付してください。締切日は、7 月31 日(月)となります。※申込多数の場合は、各講座とも本学卒業生を優先とし、先着20 名とさせていただきます。

【お申込・お問い合わせ先】
 〒020-0693
 岩手県滝沢市巣子152-52
 岩手県立大学盛岡短期大学部
 岩本 佳恵
 TEL:019-694-2900(学部事務室)
 FAX:019-694-2901(学部事務室)
 E-mail:i_yoshie●iwate-pu.ac.jp ※●を@に変えて送って下さい。
posted by NPO活動交流センター at 11:23| 岩手 | Comment(0) | 【岩手の各種団体】から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本NPOセンターセンターより『フェニックスジャパン・プログラム2017』募集(締切6/8)

【助成の趣旨】
 東日本大震災の復興支援(被災者の生活再建等の支援)のため、NPOの果たす役割には、大きな期待が寄せられています。しかしその組織基盤は未だ弱く、必要な支援を自力で安定的に供給するためには組織の基盤強化が必要であり、特に適切な人材の確保と育成が必要不可欠です。このプログラムでは、将来にわたり組織の中核を担う人材を、雇用から支援し、育成することで、被災地の復興を支援します。

【助成の概要】
 ・期間
  2017年10月〜2018年9月(1年間)

 ・金額
  1件あたり500万円以内 / 助成総額:4,000万円程度
  ●新規助成:6〜7件 (3,000万円〜 3,200万円)
  ●継続助成:2〜3件 (800万円〜 1,000万円)

【助成対象】
●岩手県、宮城県、福島県等において、被災者の生活再建の支援、もしくは震災によって顕著になった地域課題の解決への支援を、長期的な視点で実施する「現地NPO」で、特に次の目的をもつものを重視します。
・社会的に弱い立場にある被災者(子ども、高齢者、障がい者、女性等)の生活再建を支援
・被災者の安心・安全な居住・生活基盤の再建を目指した復興まちづくりを支援
※ここでいう現地NPOとは、上記3県等で立ち上がり、各地域の市民が自発的に活動する民間非営利団体をいいます。
●上記「現地NPO」の、組織の中核を担う人材を育成する事業で、次の助成条件を満たすもの。

【応募受付期間】
 2017年6月1日(木)〜 6月8日(木)[必着]


【お申込・お問合せ先】
 特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
 「大和証券フェニックスジャパン・プログラム」担当(神山・山田)
 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MIビル1階
 TEL: 03-5623-5055 FAX: 03-5623-5057
 URL:http://www.jnpoc.ne.jp/
 ※詳細は、ウェブサイトに記載されている要項をご確認ください。

posted by NPO活動交流センター at 11:06| 岩手 | Comment(0) | 【 助成金 ・ 補助金 】 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする